高断熱・高気密住宅だとしても冷暖房器具が無ければそもそも寒い

スポンサーリンク
家づくりの勉強

高断熱・高気密論争がアツいです

 

私は細かいことは詳しくないですし

そこに関してはあまり興味もないので

圏外でひっそりしています(笑)

 

ですが少し思うコトがあります

 

その点は家づくりにおいて

忘れてはならないことだと思います

なので今回はその内容を記事にします

 

ご興味ある方はご覧下さいm(__)m

 

 

 

 

 

  目次

  • 高気密・高断熱住宅について
  • 間取りの取り方も重要
  • 私がおもうコト
  • まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

高気密・高断熱住宅について

そもそも論ですが

どれだけ高断熱・高気密でも

熱源が無ければ暑いし寒いです

 

当たり前のことかもですが

結構そこは重要だと思っています

 

どれだけ数値が高かっても

勝手にあたたかくなったりしませんし

勝手に涼しくなったりしません

 

 

氷の入っていないクーラーボックスは

飲み物は冷えません

 

ですが氷が入っていたら

冷たさをキープできます

 

家の外枠がこの状態であれば

冷暖房の効果がキープできます

 

このボックスにガラスのくりぬきがあれば

そこから熱が流入します

これが家でいう窓です

 

クーラーボックスがいくつかあれば

そのボックス毎に氷が必要です

これが家の中の部屋の感じです

 

 

 

クーラーボックスの蓋があいていたら

断熱性は無意味です

これが気密性の役割です

 

どちらも重要ですね

 

二つの機能がセットで揃ってこそです

いくら断熱材単体の数字が高くても

家にスキマがあれば無意味です

 

いくら断熱材単体の数字が高くても

断熱材の施工性が悪ければ無意味です

 

なので家づくりはバランスが重要です

 

何か一つに特化している発信は

落とし穴がある可能性が高いです

 

断熱気密が高くてデザイン性が乏しいとか

デザイン性は高いけど快適性が乏しいとか

できればバランスよく欲しいです

 

勿論個人によって価値観はそれぞれですが

(最終的には自分が良けりゃそれでいい(笑))

 

住宅にはバランスが求められます

 

 

 

間取りの取り方も重要

では今回の記事の核心に迫っていきます

 

冷静に考えると当たり前のことですが

数値論争に陥ると

大事なコトを忘れがちになります

 

 

 

 

寒い廊下をつくらない

先ほどのクーラーボックスのように

沢山のクーラーボックスがある状態です

部屋や廊下が沢山あるとそうなります

 

 

 

結局は熱源のない部分が

寒い状態となるのです

 

これでは寒暖差が生じてしまって

体に負担のかかる住まいになりますし

(心筋梗塞等のリスクも高まる)

かえって寒く感じてしまいます

 

全体的に均一な状態をつくるのが

好ましい状態と言えます

 

 

 

 

寒い個室をつくらない

均一な状態をつくると言っても

そんなに簡単なことではありません

 

普通の発想でいくと

部屋と廊下ができてきます

 

 

 

全館空調や

全館床暖房を採用すれば

上記のような状態がつくれます

 

コスト的な部分や光熱費的な部分等

諸問題はありますが

これが理想的な状態です

 

 

 

私がおもうコト

理想と現実はよく分かりました

そこで私が感じることです

 

 

 

全館空調について

全館空調に関しては

個人的には否定的です

あくまで個人の考えです

 

 

家中にダクトをはわして

機械的に冷暖房するのは

長い間住まうにあたって

限界があるように感じています

 

つくりとして複雑すぎるので

もっとシンプルがいいと思います

 

エアコン等の機器類の進歩も凄いです

家の中にこの機械を埋め込んでしまうのは

リスクが高すぎると思います

 

 

 

 

スペースとしても必要になります

 

その分の快適性は勿論あると思いますが

持続可能かは疑問です

細かな微調整も効きません

 

一個人の意見として

聞き流してもらえたらと思います

 

 

 

 

シンプルイズベスト

夏は暑いし

冬は寒いもんです

 

そのくらいの感覚でいるのが

ちょうどいいと思っています

 

それ以上の快適性は

+αです

 

 

 

・扇風機やうちわを使うとか

・できるだけコンクリートを無くすとか

・芝生を植えるとか

・植物で影を落とすとか

・打ち水をするとか

 

もっとシンプルな方が好きです

先人達はそうやって知恵を絞ってきました

 

 

 

 

エアコン自体もある意味シンプルです

 

壁の中を配管すると面倒ですが

壁につけて向こう側に抜いてあげたら

いつでも取りかえは可能です

 

エアコンの性能があがれば

エアコンが古くなれば

その時に取りかえたらOKです

 

 

 

 

できるだけつなげる・仕切らない

部屋を沢山つくるから

廊下を沢山つくるから

寒暖差が生じる

 

ではそもそも仕切らなければいいのでは?

 

 

 

最近提案する住宅は

ほぼ仕切りがありません

玄関とか廊下とかの概念もありません

 

 

 

 

LDKだって玄関とつながっています

二階にもつながっています

ぜーんぶつなげています

 

空間もつながって広く見えます👀

 

 

 

 

土間もリビングも二階スペースも

お庭だってつながっています

 

 

 

 

テレビの置き場も限定しません

ここからここは〇〇するところ

みたいな概念はそこにはありません

 

全部つなげてしまえば問題無しです

高断熱・高気密が活かせます

 

 

近々家づくりの考え方は変わる?テレビをどういう位置づけにするか
今回の記事はテレビの位置づけについてです 私の中でテレビのランクが下がってきています それもここ最近は急激に下がってきております 今まで当たり前を疑うようにと発信しています もしかしたら近い将...

 

 

 

 

個室をつくらない

壁と扉が無ければ

個室になりません

部屋になりません

 

写真は子供部屋らしき場所です

使い方も限定しない

フレキシブルな空間です

 

一階でエアコンをつけていると

このスペースまで暖かいです

 

今の住宅のスペックがあると

一階のエアコン一台で

家中まかないきれてしまいます

 

嘘と思うかもですが

冬に伺うと本当にそうなっています

 

それでも嘘だと思うならば

一度体感しに来てください(笑)

 

ご案内致しますm(__)m

床材が杉フローリングなのも大きいです

 

 

断熱気密も大事だけど床材との接着面こそ寒さを感じるポイント
今回はニッチに感じるかもですが 床材との接着面こそ寒さを感じるポイント! 世間は断熱気密どうこうにいきがちです この記事も沢山の方から アクセスや反響がありました 実は盲点なのは...

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

この議論に関しては

色々な視点があったり

人それぞれ大事にしている部分が

全く違っているので

一概には言えません

 

今回のは私の意見であり美学です

私がおもう豊かさに対する考えです

 

部屋や仕切りなんていらない

一つのこたえかなと思っています

 

数値だけにとらわれない

バランスのとれた住まいづくりを!!

 

 

将来的に新築をお考えの方で
実例見学やWEB見学をご希望の方は
下記リンクよりご予約下さいm(__)m

WEBおうちで教室|積水ハウス 姫路・西播エリアの住まいづくり
ご案内可能物件|姫路・西播エリアの住まいづくり|姫路・西播エリアを中心に、地域密着でお客様をサポート。お住まいに関する疑問やご相談、お気軽にお電話ください。

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

    コメント