ロフトや小屋裏収納って必要?取り方やメリットデメリットについて

スポンサーリンク
家づくりの勉強

今回の記事は今までふれていなかった

小屋裏収納やロフトについてです

 

ブログ購読者の方からご依頼がありました

・ロフトを設けるべきかどうか?

・コストってどうなの?

・どうやってのぼるの?

 

疑問や不安は尽きないと思います

今回はその辺りについて

過去の施工事例をもとに

私の経験でまとめてみたいと思います

 

ご興味ある方はご覧下さいm(__)m

 

 

 

 

 

 

  目次

  • 家づくりするにあたって
  • 小屋裏やロフトについて
  • 上がり方のパターン
  • コストについて
  • どんな時にとるべきか
  • まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

家づくりを始めるにあたって

おそらく大半の方にとっては

小屋裏収納や

ロフトの位置づけは低いと思います

 

絶対に必要でもないし

あればいいのかなぁ?

それくらいの感覚の方が多いです

 

そんな私も10年前はそうでした

 

初期プレゼンの段階では

設計士が小屋裏収納を提案してくれてました

 

当時は屋根勾配が5寸しかなかったので

なんせ屋根が急です(^^;

 

家づくりの外観の印象に大きく影響する屋根形状と屋根勾配について
今回はまだふれていなかった 屋根形状と屋根勾配についてです どんな外観がいいかと聞かれても どんな種類があるか分からないはずです なので今回は屋根にフォーカスをあてて 一通りご紹介したいと思いま...

 

 

おでこの面積が増えて

外壁の料が増えて高くなるわで大変です

 

 

 

ロフトを取ってください!!!

そう言わんがばかりの外観ですが

 

見積もりを出してみて。。。。。。

。。。。。(^^;

 

 

辞めまぁす!!

そんな感じでした(笑)

 

お金がいくらでもあれば

おそらくつくっていたと思います

 

このおでこのスペースはすっからかんです

全く活かせていません

 

これから家づくりされる方において

私のように後悔しない為にも

立ち止まって考えて頂きたいと思います

 

取るか取らないか!!

 

 

 

小屋裏やロフトについて

まずもって大前提として

小屋裏やロフトを設けるにあたって

ある程度の

建築基準法上の制限があります

 

なんぼでもできるわけではありません

 

 

 

天井高が床から1,4m以内

一番のポイントは床からの高さです

1,4m以下にしないといけません

この高さが絶妙です

 

これを超えてしまうと

2階建てから3階建てになってしまいます

 

子供にとっては良い高さですが

大人にとっては絶妙な高さです

 

だからこそ取るかどうか

悩ましくなるところです

 

 

 

 

面積が下の階の2分の1以下

あまりこの制約にひっかかりませんが

取れる範囲にもある程度制限があります

 

下の階の2分の1以下にとどめましょう

 

 

 

外観が微妙になりがち?

個人的には外観重視なので

小屋裏を取るのが目的になって

いまいちな外観にしたくないです

 

いつも我が家をディスりますが

片流れの屋根部分を設けて

おでこの広い面は格好悪いです

 

重心や天井が低い方が

プロポーションとしては美しいです

 

家づくりにおいて天井高は高ければいいというものではない
今回は家づくりにおいて 誤解されることが多い内容です 「天井高が高い=良い」ではないということ 天井高が高いことを 全否定する内容ではございません ケースバイケースです 全てにおい...

 

 

 

 

上がり方のパターン

小屋裏やロフトを設けるにあたって

一番悩む部分が上がり方です

 

これによってコストも変わりますし

利用頻度も利用しやすさも変わります

 

どんなパターンがあるかについて

思いつく限り書いてみます

 

 

 

 

引っ掛けハシゴ

コストやスペースを考えると

一番多いパターンかもです

 

ハシゴの素材にもよりますが

このハシゴで10万円前後くらいです

 

注意点としては

決してのぼりやすくはないです

 

怖がりな方であれば

普通に怖いと思います(^^;

重たい荷物も持ってあがれません

 

逆に小さいお子様には登れないので

趣味のスペースとしてはいいかもです

 

 

 

 

平屋や二階リビングの場合は

勾配天井をそのまま利用すれば

小屋裏スペースを確保しやすいです

 

 

 

 

 

床から1,4m以内に抑えることを守りつつ

用途に応じて考えていきましょう

 

落下しないか心配されがちですが

狭くなっていっているので

案外大丈夫なものです

 

手すり等はとらないことが多いです

 

 

 

 

 

上から自分のLDKを見下ろすのも

普段と違う景色が見えるので

新鮮な気持ちにはなります

 

 

 

 

 

リアルにハシゴ

ここで言うリアルハシゴというのは

本当のリアルハシゴです(笑)

 

 

 

いつも登場してくる

ヒカキン似設計士の自宅です

 

彼の住まいは24坪なので

小屋裏収納がかなり重要です

 

写真の天井に見える

黒い穴ぼこがその入り口です

 

しかしどうやって入るのか。。。

 

階段らしきものは見当たりません

皆様お分かりですか!?

 

 

 

 

そこで登場するのが

ザ・ハシゴです!

 

WICの中にしまってあり

のぼる時に登場します(笑)

 

あまりというか全くもって

一般的な方法ではないので

番外編としてお考え下さい

(個人的にはありかなと思ってます)

 

 

 

 

小屋裏収納をたっぷり確保するために

屋根は6寸勾配の切妻にしています

 

 

実例紹介1 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウス
実例紹介シリーズ 記念すべき第一弾です🏠 (本日の実例テーマは) 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウスです🏠 小さな家で 豊かに暮らす 大手ハウスメーカーでも 2000万円台で...

 

 

 

 

 

固定階段

一番使用頻度もあがるし

使いやすさもアップする方法です

 

元々ロフトが欲しい方で

目的をもって設ける方ならば

固定階段を設けるのがいいです

 

中途半端にあがりにくくすると

使用しなくなってしまいます

 

 

 

 

ロフトの上は大人の趣味スペースです

ご主人様の宝物が沢山あります

 

こういったスペースでモノづくりしたり

作業をしてみたいものです

 

 

 

 

引っ掛け取っ手

コストをかけたくない

でも何か面白い仕掛けが欲しい。。

 

そんな欲張りなアナタには

ボルダリングのような

ロフトへの上がり方がお勧めです

 

色々な手掛かりが売っています

壁にしっかりと補強していたら

後で取り付けることも可能です

 

遊び心が欲しい方にとっては

この方法もありかと思います

 

 

 

 

コストについて

小屋裏収納を取る場合

一番のネックになるのがコストです

 

安くて取れるのであれば

みんな取りたいはずです

 

 

 

 

我が家が見積もりした場合は

ハシゴこみで40万円位でした。。

 

これを高いととるか安いととるか

人それぞれかもですが

当時の私にとっては高く感じました

 

明確な目的もなかったので

最終的にとりませんでした

 

でも安くとりたいなぁ。。。

そんな欲張りな方のために

少しでも安く取るために

コストダウンできる方法をまとめます

 

 

 

のぼり方をどうするか

ここにかかるウェイトが大きいです

 

コストを抑えつつ確保したい場合は

のぼり方を安くしましょう

 

お勧めは先ほど書いたように

ザ・ハシゴか

ボルダリングのような登り方です

 

 

 

登りやすさを優先するのであれば

シースルー階段がお勧めです

 

 

 

床の仕上げをどうするか

究極にコストを抑えるなら

床をはらない位でも構いません

きちんとした床材をはる必要はありません

 

できるだけコストを抑えた素材にするか

お金をかけても良ければ

足触りの良い杉とかがお勧めです

 

断熱気密も大事だけど床材との接着面こそ寒さを感じるポイント
今回はニッチに感じるかもですが 床材との接着面こそ寒さを感じるポイント! 世間は断熱気密どうこうにいきがちです この記事も沢山の方から アクセスや反響がありました 実は盲点なのは...

 

 

 

 

壁の仕上げをどうするか

小屋裏収納としての用途であれば

必ずしもクロスをはる必要もないです

 

スペースさえあれば

後で自分でDIYしてもいいですし

そのまんまでも構わないと思います

 

この全てを積み重ねると

比較的安くスペース確保可能です

 

 

 

 

どんな時にとるべきか

メリット・デメリットを考慮したうえで

どのような場合にとるべきか

 

メリット

  • 収納量が増える
  • スペースを有効活用できる
  • 居場所が増える

 

 

 

 

デメリット

  • コストがかかる
  • 上にあがりづらい
  • 外観が微妙になりがち
  • 結局使わなくなることも
  • 物を入れっぱなしになりがち
  • 掃除しにくい

等々が考えられるかと思います

こういった内容を考慮したうえで

どのような方に向いているでしょうか

 

 

 

 

敷地や建物がコンパクトな場合

都心部や狭小地の場合

使えるスペースは使い切らないとダメです

 

いるかいらないかじゃなくて

使える場所は全て使いましょう

 

例え1,4mの天井だとしても

建築基準法限界まで使い倒しましょう

 

21坪の狭小地に建つ延床面積19坪の豊かな住まい「無床の家」
今回の実例紹介はぶっ飛びです!! 私がスゴイわけでもなんでもないですが 当社スタッフには怪物が沢山います(笑) 私が今も辞めずに楽しめているのは こんなスゴイ人たちのおかげです 今回のお...

 

個人的には土地が大きくて

建物もしっかりとれる場合

 

小屋裏やロフトにお金をかけずに

手の届く所に収納をとる!!

その選択でいいと思います

 

 

 

明確な用途がある場合

子供のころからの夢がある場合や

リモートワークをロフトでしたいとか

子供に邪魔されずに作業したいとか

 

明確な理由や用途がある場合は

迷わず採用していいと思います

優先度合も高めていいと思います

 

 

 

物の量が多い場合

他の家族に比べて

物の量があきらかに多い家庭

 

できれば新築の際に断捨離してほしいですが

それでもやっぱり捨てれない方は

保険としてスペースを確保しておくのも

一つの手段かと思います

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

絶対に必要ではないけども

あればいいもの

 

家づくりと向き合うにあたって

沢山ある内容です

 

自分たちにとって

・何がマストか

・何がベターなのか

・どこにコストをかけるべきなのか

 

家づくりにおいて限られた予算をどの部分にコストをかけるべきか
家づくりにおいて予算は限られています (ほぼ大半の方が) その限られた予算をどこにあてるべきか 皆様も非常に悩まれる項目かと思います 我々も同じくとても悩む項目です 生活や住まい方を豊かにする為...

 

 

その部分を自分たちの中でしっかり整理して

取捨選択を行ってください

 

そこがしっかり選択できれば

建てた後に後悔することはありません

 

 

過去に私が見てきた中で

一番いいかんじだなぁと思ったのが

SQOOL設計事務所の鈴木さんが

当社に在職中につくりあげた

ハウスメーカーの商品力を活かしきった

書斎やロフトのある住まいです

 

ロフトや小屋裏を検討されてる方は

ぜひ一度ご覧下さいm(__)m

 

せいじの樹 | SQOOL一級建築士事務所
建築の設計監理業務(特に住宅)エクステリアのデザイン、プロダクトのデザインはSQOOLの鈴木俊彦におまかせください。

 

元大手ハウスメーカー出身の設計事務所(SQOOL)を取材
今回の記事内容は 元積水ハウスの設計士であり 現在設計事務所(SQOOL)を起業された 鈴木さんを直撃取材してきました!! 同じ職場の時は支店が違うかったので 直接お仕事したことはありません ...

 

 

将来的に新築をお考えの方で
実例見学やWEB見学をご希望の方は
下記リンクよりご予約下さいm(__)m

WEBおうちで教室|積水ハウス 姫路・西播エリアの住まいづくり
ご案内可能物件|姫路・西播エリアの住まいづくり|姫路・西播エリアを中心に、地域密着でお客様をサポート。お住まいに関する疑問やご相談、お気軽にお電話ください。

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

    コメント