【注文住宅】外部からの視線を考えた間取りづくりのポイント9選

スポンサーリンク
間取りに関して

今回の記事内容は

カーテン閉めなくてよい暮らしです

ここにフォーカスをあてていきます

 

日当たりの良いリビングがいい

開放的なリビングがいい

こんなご要望が多いです

 

ですが実際のところどうか

よくある傾向と解決策をまとめます!

 

 

 

 

 

 目次

  • 家づくりするにあたって
  • よくやりがちな間取り
  • 視線を遮るポイント
  • 実例紹介
  • まとめ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

 

家づくりをしていると

本質を見失いがちです

  • 大きな窓が欲しい
  • 明るい家がいい
  • 開放的なリビングがいい

これらの要望があるにも関わらず

 

 

思考停止して

  • とりあえず大きな窓がある
  • とりあえず天井高を高くする
  • カーテン開けれない窓がある
  • 隣家を考えずに窓を取る

こういった提案になりがちです

 

一見要望を叶える為に見えますが

実際はその真逆の効果につながります

 

その結果として

  • 昼間から電気が必要な家
  • 年中カーテンを開けれない家
  • お庭とつながらない閉鎖的な家
  • 夏暑くて冬寒い日当たりの家

こういった状況に陥りがちです

 

こうならない為に

どのような手法があるのか

少しずつ解説していきます!!

 

 

 

 

 

 

よくやりがちな間取り

沢山のプラン相談を受けますが

殆どの物件が考えられていません

 

よくやりがちな内容を

ほぼ必ずやってしまっています

 

 

 

 

 

将来の隣家を考えてないプラン

今は南側が開放的

サンサンと明るい光が入ってきている

 

だから南側に大きな窓をとりました!!

何が言いたいか分かりますか!?

 

数年後。。。。

 

南側に家が建って

その景色と日当たりは一変。。。

明るかったリビングが真っ暗に。。。

 

他人事に聞こえるかもですが

本当にこういった提案はよくあります

 

私のエリアの

他社さんの建売もそうなってます

 

明らかに南側に建物が建つのに

南に向けて窓をとる。。

いくら言っても減りません

(私の発信力もまだまだです。。。)

 

これから家を建てる方は

くれぐれも気を付けて下さい!!

マジで大事ですよ!!

 

将来の建築地周囲の変化を考えた家づくりのポイント10選
今回の記事内容は 建築地の周囲に対するお話です これをきちんと考えておかないと 将来絶望的なことになります。。 今までさんさんと明るかったリビングが ある日突然暗闇に。。。 こんなことが起...

 

 

 

 

対面の窓とこんにちは

これも冷静に考えたらおかしいですが

やりがちなミスです!!

 

家が建ったあとに気付くと

本当にショッキングな内容です

 

隣の家が既に建っている

この位置に窓があるのが分かっている

なのにわざわざその窓と対面する。。

 

建った後お互い不快です

 

実際に見てなくても

実際に見られてなくても

落ち着かない窓になります

 

建てる前に

隣家の窓をしっかりと想定しましょう

基本中の基本です!!

 

 

 

 

 

 

とにかく南にLDKプラン

これもどれだけ言っても多いです

どちらかと言うと提案者が悪いです

思考停止してる人が多すぎです!!

 

間取りを考える際のプロセスが

  • 南=LDKになっています
  • どれだけ南をあけれるかになってます
  • 水回り=北側になってます

この考え方から逸脱できなければ

この文化が無くならない限り

こういった提案は無くならないでしょう。。

 

残念っ!!!

 

 

 

 

外構とかみあってない大開口

提案の中に外構計画が落とし込まれてない

こんな提案も散見されます。。

これもよろしくないです。。。

 

そういった会社は

  • 外構提案も後回しにしがち
  • 外構の予算取りも少ない
  • 外構を重視していない
  • 外構提案もいまいち

こんな傾向があります

 

外構計画はプランと並行して!!

契約前からしっかりと!!

ここを意識して下さい!!

 

 

 

 

 

軒の短い大開口

とりあえず3mの窓とりました!!

全部で6mの窓になっています!!

 

こんな提案も多いのが現実です

その要素の先を考えれていません。。

大開口だけが先走ってます

 

夏暑い家に三歩くらい近づきます(^^;

 

窓の性能は確かに上がってますが

それでも自然の力には逆らえません

 

窓の性能をアピールする会社ほど

こういった軒の提案をしていません

 

自然の力に逆らわず

窓の性能も高い家が理想的です

 

 

 

 

窓がとっちらかりがち

いろんな図面を見ていると

本当に窓のカーニバルです。。

 

外観から見ても

内観から見ても

色んな種類の窓が見えてきます

 

この家はどこが顔なのか?

図面を見ても分からないケースもあります

  • 無駄な窓はとらない
  • 窓の種類は極力少なく
  • 綺麗な壁を意識する

このあたりを意識して下さい

 

暗かったらどうしよう。。。

こういった心理から

ついつい沢山窓をつけがちです

 

提案者もお客様の心理を察知して

とりあえず窓つけとけってなります

 

窓が多くてクレームにはなりません

この辺りの心理が邪魔しています

 

インテリアを考える上で室内から見た窓の見え方を意識する点
今回はインテリア目線から見た 窓に関する内容です 間取り相談を受けていると 結構真っ先に気になる点です 案外考えられていなので この記事をきっかけに 意識して欲しいと思います!! ...

 

 

 

 

 

視線を遮るポイント8選

上記のやりがちな提案に対して

お勧めの対処法です

 

これらを意識してみたり

これができる予算取りをしておいて下さい

  • 開けれる窓を叶える方法
  • カーテンを閉めないで暮らせる方法

どちらも超重要項目です

(個人的には必須項目!!)

 

 

 

 

 

1、塀で遮る

まぁこの辺は基本的な手法です

そりゃそうだって思うかもですが

  • これすら提案の中に入ってますか?
  • 契約前の外構見積もりに入ってますか?

しっかり予算取りしてくれてたら

提案の中にいれてくれていたら

そのパートナーは良心的です

 

契約する為の家ではなく

本当に良い家

素敵な【暮らし】を提案しようとしてます

開けれる窓を意識してくれてます

 

そうじゃない担当者が圧倒的なので

自身で勉強しましょう👀

 

 

 

 

 

2、建物でさえぎる

構造的にできる会社と

できない会社もあるかもです

 

一番コストがかかりますが

一番統一感のある方法です

 

外構の塀でつくるのではなく

建物の基礎と外壁で一体的につくる

しっかりとした高さを確保できるので

建て込んだ立地等ではお勧めです

 

しっかりとした

プライバシーが確保可能です

 

中庭空間をつくるための主なパターン5選を紹介
今回は少しニッチな部分です ですが個人的には重要な項目です 「中庭の壁のつくりかた」について 外部からの視線を遮る塀は欲しいです できるだけカーテンを開けて暮らしたいです その為には目隠...

 

 

 

 

 

3、建物の袖壁をだす

これはあまり知らない方も多いのでは?

 

袖壁というのは

窓の両側から出ている外壁のことです

 

写真の実例も袖壁が1,5mついてます

 

こうすることによって

斜めから家を見た時に

中が絶妙に見えにくくなります

 

中からはハッキリ見えていても

外からは案外見えません👀

 

 

 

 

 

袖壁をうまく活用して

天井までの建具を使えたら

外観も内観もスッキリします

内外が綺麗につながります

 

 

 

 

天井高を抑えることによって

こういう綺麗な空間がつくりやすいです

 

この窓の上に壁がくるのとこないのと

見え方は大違いです!!

 

家づくりにおいて天井高は高ければいいというものではない
今回は家づくりにおいて 誤解されることが多い内容です 「天井高が高い=良い」ではないということ 天井高が高いことを 全否定する内容ではございません ケースバイケースです 全てにおい...

 

 

 

 

 

 

4、軒を出す

これも基本中の基本ですが

意識されてないことが多いです

 

えらそうに言ってますが

10年前の我が家を建てる時も

全く意識できていませんでした(^^;

 

もう一度家づくりしたいです。。。

 

軒ってとっても大事です

  • 日射のコントロールができる
  • 外壁が汚れにくくなる
  • 雨が入ってきにくい
  • デッキ等が劣化しにくい
  • 室内に安定感がでる

メリットが沢山あります!!

 

まだまだ意識してる提案者が少ないので

要望に加えて言ってみて下さい!

 

軒の出がもたらす住まいのゆたかさについて
今回は私が注目している 軒の出について語ります!! 建築する立場としては 重要視している軒の出ですが 家づくりを始めた方からすると 軒の出?くらいの感じが大体です(^^; でも軒の...

 

 

 

 

 

 

5、植栽を植える

最近植栽嫌いな方が多いですが

植栽を植えるメリットは沢山あります

 

  • 適度な目隠しになる
  • 室内からの癒しになる
  • 四季を感じれる
  • 蝶や鳥が訪れる
  • 夏の日差しを和らげる
  • 外観に潤いを与える
  • 愛着がわく

等々目に見えない効果が沢山です

毛嫌いせずに挑戦してみて下さい!

 

 

 

 

 

6、窓の高さを考える

外構でお金をかけなくても

窓の高さや大きさを考えるだけで

カーテンを開けれる窓にできます

 

場所によっては

高窓や地窓をうまく活用しましょう

 

 

 

 

 

室内側からはソトが感じれますが

外から見ると天井しか見えません

カーテンをつけなくてもOKです

 

窓の高さや大きさに関しても

適当につけがちです

今一度窓の意味を考えましょう!!

 

注文住宅に失敗しない為の窓の取り方【ポイント14選】について
こんかいの記事内容は 家づくりにおいて とってもだいじなことです 【窓の取り方のポイントについて】 以前にも違った角度で書いてますが そこも含めてまとめていきます ご興味ある方はご覧下さい...

 

 

 

 

 

7、室内の段差を利用する

最近流行りのピットリビング

これにも意外な効果があります

それが外部からの視線対策です

床に埋まって暮らすスタイルなので

外構の塀が低いとしても

室内側の座って過ごしてる人は

殆ど外部から見えません

 

低く低く暮らしているので

外部の視線から外れやすいのです

 

この効果をうまく活用すれば

そこまで外構にお金をかけずに

視線をコントロールできます

 

ピットリビングを採用する際のポイントと【メリットデメリット】
今回の記事内容は 個人的には大好きな ピットリビングについてです 何となくいいなぁと思われてる方や 良いと思うけどなんだかなぁ。。 そう思われている方も多いと思います そんな方の為に ...

 

 

 

 

8、建物の配置を工夫する

建物の配置の可能性は大きいです

柔軟に配置計画が考えれたら

  • 境界に対して斜めに配置したり
  • 隣家の窓をかわして配置したり
  • 見たい方向に向けて配置したり

色んな方法がとれます

 

 

 

 

 

  • 隣家と隣家の隙間を狙ったり
  • 平屋の建物をあえて狙ったり

日当たりや視線の抜けを確保する手法は

意外と沢山あります!!

 

家づくりにおいて後悔しない為に考えるべき配置計画のポイント
今回の記事は配置に関する内容です 一度建てると配置は変更できません 配置を失敗すると色々連動してきます 失敗は許されないわけです 配置に関する固定観念を壊せるように 柔軟な配置計画が考えれるよう...

 

 

 

 

 

9、二階リビングにする

これも安く手っ取り早い方法です

  • 外構で塀とかも不要です
  • 道路側から視線を遮れます
  • 日当たりもかくほできます
  • 冬にリビングが暖かいです

土地の状況にもよりますが

コンパクトな土地だったり

人通りや交通量が多い土地の場合

二階リビングは効果的です

 

リビングは一階!!

なんて決まりはどこにもないので

できる限り柔軟に考えて下さい!!

 

二階リビングのメリット・デメリット どんな場合に有効的か
先日ツイッターにて 最近二階リビングは増えてますか? こういったご質問を頂きました 昔に比べて増えてきているのが現実です 今回の記事として 二階リビングが絶対良いですよ!! という気はあり...

 

 

 

 

 

実例紹介

今回の記事に関連する実例です

 

 

 

 

袖壁で守られた開口部

実例紹介1 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウス
実例紹介シリーズ 記念すべき第一弾です🏠 (本日の実例テーマは) 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウスです🏠 小さな家で 豊かに暮らす 大手ハウスメーカーでも 2000万円台で...

 

 

 

建物の塀で囲われた住まい

実例紹介編12 ドマニワのある開放的なコートハウス
実例紹介編12です!!! シリーズ1から 熟読頂いている方は 私が言いそうなことも 分かってきたのではないでしょうか 今回も同じ流れでいきます🏠 今回のお住まいは ドマニワの...

 

 

 

 

ピットリビングの住まい

実例紹介編10 ピットリビングのある 東向きの住まい
実例紹介シリーズ ついに10まできました!! 今まで色々なお住まいがありました🏠 今回はどんなお住まいでしょうか✨ 見ていきましょう!! 今回のテーマは ピットリビングのある ...

 

 

 

 

二階リビングの住まい

実例紹介編15 山際の旗竿地且つ変形地に建つ 二階リビングの住まい
実例紹介シリーズ15邸目です!! 随分と色々なパターンを見てきましたね 今回のお住まいは 山際の旗竿地且つ変形地に建つ 二階リビングの住まいです🏠 旗竿地且つ変形地とか 私...

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

皆様検討中のプランは大丈夫でしたか?

 

建ってから気付いても手遅れです。。

 

今回の内容の失敗は

生活の質を大きく変えてしまいます

毎日快適かどうかに直結します!!

 

基本中の基本なのにできてない内容です

 

しっかり読み込むことによって

プランに反映して下さい!!

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    壁紙にあきた方にお勧め
    (ウォールステッカー)

    ソファーを置かずに
    ビーズクッションを置く暮らし

    無印の後付け可能な
    収納の箱

    コメント