【注文住宅】要望をできるだけ少なく伝えることのメリット

スポンサーリンク
間取りに関して

今回の記事内容は

私が色々なオーナー様を見てきて

良い家づくりをされておられる方の

共通点であるポイントです

 

「伝えている要望が少ない」

「要望を言ったが叶えていない」

こんな方が意外と多いのです

 

家づくりをはじめた方からすると

え!?

どういうこと!?

 

という内容だと思います

分かるように解説していきますm(__)m

 

 

 

 

 

   目次

  • 家づくりするにあたって
  • 良い家を建てる方の共通点
  • 要望を少なく伝えるメリット
  • まとめ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

家づくりをしていると

やりたいことが山盛りでてきます

 

最近はインスタグラムを開けば

魅力的な画像が沢山でてきます

  • ピットリビング
  • 小上がりの畳
  • 開放的なリビング
  • 大きな吹き抜け
  • 軒下の深いデッキスペース

どれも取り入れたくなる気持ちは分かります

 

ですが予算も限られていますし

建築地の条件もそれぞれ違います

家族構成だってしまいます

 

その写真を叶えるのが目的になると

家づくりの本質を見失います。。

 

良い家づくりをされる方は

その辺りを上手にしています

(本能的な部分かもしれません)

 

 

 

 

 

良い家を建てる方の共通点

私の主観から見る

いい家づくりをされてる方の共通点です

いい家づくりの定義も人それぞれですm(__)m

 

 

 

 

 

担当者への信頼があつい

どのお客様もそうですが

担当者への絶大な信頼があります

 

〇〇さんに任せておけば大丈夫

〇〇メーカーというよりは

その人に託しておられる方が殆どです

 

簡単なことのようで

とても難しいことです

 

人に家づくりの全てを託す

できそうでできないことなのです

 

そして託す相手を間違うと

良い家づくりにもなりません

 

だからこそ人を見極める

眼力が必要となります

 

【注文住宅】家づくり迷子になっておられる方の共通点と解決策
家づくり迷子の方!! お集まりください(笑) ご相談を下さる方の殆どが 家づくり迷子絶賛中です(^^; そういった方には いくつかの共通点があります 今回はその辺りをまとめていきま...

 

 

 

 

 

担当者の実例を見学している

その信頼の源となっているのが

担当者の実例を見学することです

 

そこで目にするものは

  • 素敵な空間
  • 素敵な暮らし
  • キラキラする施主様
  • 自宅を愛する施主様
  • 施主様と担当者の関係性

この辺りを目の当たりにします

 

決してオシャレな家だけでなく

そこにある家づくりのプロセスを体感します

 

担当者と施主様の信頼関係

これを感じることによって

自分たちも信じることができます

 

10邸の展示場をまわるよりも3邸の好実例を体感した方がいい話
今回の記事は これから家づくりを始める方にとって とても重要な内容になります 建てる前にこの記事を見れてよかったです 家づくりをスタートされる方の殆どが 頑張って勉強するために展示場に行きます 知...

 

 

 

 

 

伝える要望が少ない

素敵な実例を見学すると

自分たちの要望が分からなくなります

 

本当にしたかったことは何なのか

 

そして見に行った家の殆どが

ほぼお任せで建っていることが多いです

それが今回の記事内容です

 

家づくりを成功されている方は

伝える要望が少ない方が多いです

 

何も考えずではなく

考えた結果そうなった方です!

 

【注文住宅】間取りを考える上で意外とある家のスッキリしない凹凸
今回は個人的に気になる内容です もしかしたらお客様にとっては そこまで気にならないかもです 私はとーっても気になります(笑) 職業病でしょうか(^^; 家の中の凹凸が気になります。。 ...

 

 

 

 

 

良い意味でお任せしてくれる

完全に人任せということではなく

信頼して任せてくれるということです

 

そしてその気持ちを相手に伝えます

  • あなたのことを信頼しているから
  • あなたの提案に期待しているから

 

これをつたえるだけでも

相手にとっては良いプレッシャーとなります

120%を引き出すカギとなります

 

ただただ人任せではありません

うまくプレッシャーを与えつつ

良い意味で任せましょう(笑)

 

家づくりで選択に迷った時は信頼できるパートナーに任せるべし
先日ご契約後の打ち合わせの際 お客様から印象的なお言葉を頂きました 「基本的には自分達のセンスは信じてません」 「これがいいと言ってもらったのは任せます」 日頃からそう言わせようとはしていません ...

 

 

 

 

 

出た提案を叶える為の努力をしてくれる

素敵な提案も

最初から予算が合致していません

 

やりたい提案を行うと

大体が予算オーバーしています

 

あとはそれをいかに叶えるか

ここからはお互いに協力が必要です

 

どこをそぎ落として

どの部分にお金をかけるか

コンセプトを崩さずに行うのが重要です

 

あれもこれもの要望を叶えると

コンセプトを崩すしかありません

設計士の提案をいかに叶えていくか

ここが重要なプロセスです

 

家づくりを後悔・失敗しない為に持っておくべき思考について
今回は家づくりをされている方が かなりの確率で陥る思考についてです 家を建てた後に方に関しては 色々な経験を経て 施主力があがった状態になっています おそらくもう一度家を建てれたら 「もっ...

 

 

 

 

 

人に魅力がある

抽象的な表現になりますが

いい家づくりをされる方は

人に魅力があります

 

言葉で何て表現していいか分かりませんが

会って少し会話すると分かります

  • 我が家に対する愛が溢れている
  • 担当者に対する信頼を感じる
  • 家づくりが好き
  • 快く自宅を案内させてくれる

こんな方が多いです

 

これができることって

簡単なようで難しいことです

 

【注文住宅】家づくりを成功された方の共通点について考える
最近オーナー様宅を取材しています ルームツアー動画を撮影する為に 各オーナー様宅をまわっています どのお住まいも どのご家族様も キラキラしていてとても素敵です その際に感じた共通点があり...

 

 

 

 

 

 

要望を少なく伝えるメリット

本題である

要望を少なく伝えるメリットです

 

 

 

 

敷地を活かすことを優先できる

要望が多くなりすぎると

要望を叶える為のプランづくりになります

 

ちなみに。。。

大半の方がそうなってますよ!!

他人事とちゃいますよ!!!

 

そのプランは敷地を見てのプランなのか

要望を叶える為のプランなのか?

ここには大きな差があります

 

契約をとるのが目的になると

要望を叶えるプランづくりが目的になります

 

設計士もサラリーマンです

営業マンも営業です

受注がないと経営できません

 

要望を伝えるということは

とても重要なことなのです

 

将来の建築地周囲の変化を考えた家づくりのポイント10選
今回の記事内容は 建築地の周囲に対するお話です これをきちんと考えておかないと 将来絶望的なことになります。。 今までさんさんと明るかったリビングが ある日突然暗闇に。。。 こんなことが起...

 

 

 

 

 

本当に大事なことが見えてくる

要望を少なく伝えると

設計士にゆとりがうまれます

 

お客様のキャラクターを考えたり

家族像を考慮してみたり

 

そこをどう表現するかは

設計士の力量次第ですが

本当に大事な部分が見えてきやすいです

 

要望が多すぎると

そこしか見えてこなくなります

 

本当に大事な部分は

そこではないのです。。。

 

家づくりに失敗しない為に大事な要望の整理の仕方について
今回の記事内容は いつも大事大事と言っている内容 家づくりの要望のまとめ方です 一見軽視されがちですが 実は大事なポイントになってきます 私なりの意見ですので 参考にできる部分のみ...

 

 

 

 

 

設計士のモチベーションがあがる

要望にがんじがらめにされるよりも

自由に羽ばたいてもらう方が

設計士のモチベーションがあがります

 

設計士も人間なのです

  • 前向きな仕事と
  • 業務的にこなす仕事があります

 

そのどちらに舵取りするかは

施主様と営業マン次第なのです

 

設計士のモチベーションをあげることは

家づくりの成功に直結します!

 

私が一番意識している部分です

本来は営業マンがコントロールする仕事です

 

 

 

 

 

余白がうまれる

要望をつめこまないプランは

いい余白がうまれます

 

その余白は

将来の暮らしを豊かにしてくれます

 

用途を限定した要望通りの家よりも

フワッとした余白のある家の方が

将来柔軟に暮らせます

 

将来の家族像や暮らしなんて分かりません

誰も想像できないのです

余白があればなんとかなります!!

 

家づくりにおいて一畳の大きさを大事にすれば間取りは豊かになる
今回は福岡ツアーで得た学びを 更に深堀りして落とし込みます タイトルにある通り 「一畳に可能性を感じました」 え!? 一畳って結構色々できるやん!! ...

 

 

 

 

 

想像していなかった暮らしが手に入る

要望通りの家というのは

想定内の暮らしです

 

想像以上の暮らしにはなりません

要望通りの3LDKは

それ以上でもそれ以下でもありません

 

家づくりに成功される方々は

未知の暮らしを手に入れています

 

だからこそ

我が家が一番の居心地よい場所になり

我が家が一番好きな居場所になります

 

【欲しい家】ではなく【欲しい暮らし】を探すための家づくり手法
今回の記事は 暮らし方にフォーカスあてます! 【人】と【暮らし】 家づくりの本質的な部分です 家づくりはある種人生です 今回はこの辺りに関して 少し深堀して考えてみたいです ...

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

ついつい要望を言いすぎます

仕方のないことですが

それをそのまま形にしてしまうと

良い結果を生み出しません

 

中々理解できないかもですが

本当にこの共通点はあります

 

要望を言うなということではないです

考え抜いた結果

本当に必要な部分だけ伝えましょう

 

そういう意味合いなのです

今一度考えてみて下さいm(__)m

 

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    壁紙にあきた方にお勧め
    (ウォールステッカー)

    ソファーを置かずに
    ビーズクッションを置く暮らし

    無印の後付け可能な
    収納の箱

    コメント