家づくりを成功させる為の上手な要望の伝え方

スポンサーリンク
家づくりの勉強

今回は家づくりを開始される方にとって

意外と重要な内容です

そして殆どの人が全く意識はしない内容です

 

「家づくりの要望の上手な伝え方」

これは提案する我々にとっては

とても感じるポイントです

 

家づくりの良し悪しを決める

重要な項目だと感じています

 

営業や設計への伝え方が上手な方は

家づくりが成功すると思っています

 

逆のパターンの方は

想像通りの家は建つかもですが

それを上回る家にはなりにくいです

 

勿論要望を聞き取る側の

我々営業マンのスキルも重要ですが

お客様の意識も重要になってきます

 

これのうまい方は施主力の高い方です

一体どういうことなのか?

みていきましょう!!!

 

 

 

  目次

  • 要望の伝え方が大事な訳
  • 要望の伝え方良い例・悪い例
  • 過去の実例の話
  • まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

要望の伝え方が大事な訳

私が感じるいい家の定義が

「敷地を活かした住まい」

これが一番の根底にあります

 

お客様は初めての家づくりで

やりたいことが山のようにあります

テンション上がってしまいます

インスタやネットで沢山調べれます

 

情報があふれているが為に

自分の理想の間取りも検索できます

下手したら間取りもつくれちゃいます。。

 

しかし!!!

 

そのやりたい夢がつまった住まい

本当にいい家なんでしょうか??

 

自分のやりたいことは叶ったかもですが

・窓の先には何が見えるでしょうか👀

・明るさや風通しは大丈夫でしょうか?

・将来的に隣家が建っても大丈夫??

・無駄な廊下はないですか?

・坪数の割に狭く感じませんか?

 

自分の要望を沢山伝えれば伝えるほど

プランのコンセプトが薄れていきます

敷地を活かした間取りからはなれます

 

決して要望を言わないで!!

そう言っているわけではないです

 

ではどうすればいい感じなのか

みていきましょう👀

 

 

 

要望の伝え方良い例・悪い例

私が今まで家づくりを体験してきて

この要望の感じのままだと

いい家はできなさそうだ。。

そう感じることがあります

 

そういう時こそ実例見学です

ここで発想を変えることができるか

チャレンジしてみます

 

10邸の展示場をまわるよりも3邸の好実例を体感した方がいい話
今回の記事は これから家づくりを始める方にとって とても重要な内容になります 建てる前にこの記事を見れてよかったです 家づくりをスタートされる方の殆どが 頑張って勉強するために展示場に行きます 知...

 

ここで大半の方が柔軟になります

柔軟になっていない方の傾向として

どんな状態か説明します

 

あくまで私の主観と意見です

そのくらいの感じで見て下さい👀

 

 

要望の伝え方の悪い例

まずはあまりよくない例からです

どうしても陥りがちなパターンです

 

 

今おかれている状況下ばかり考える

これは家づくりあるあるです

家を建てるタイミングによって

皆様の要望は違ってきます

新婚期

  • 比較的自由
  • モダンなデザインを好む
  • 子育てをあまり意識しない
  • 老後のことはまだ大分先
  • いけいけな感じ
  • 予算も思い切りがち
  • メンテ等あまり考えない

 

 

 

子育て期(幼少期)

  • 今の悩みばかり解消したい要望
  • 子供が小さい頃ばかりのイメージ
  • 収納が沢山欲しい
  • 子供部屋の数を決める
  • 家事育児中心の要望
  • 庭の手入れはできるだけしたくない
  • とにかく子育てで頭いっぱい

等々の傾向が多いです

大体このタイミングで建てる方が多いです

 

私自身は新婚期に建てました

新婚生活が新居でしたので

夫婦の生活がどんな感じなのか

まったく想像できない状態です

 

なので要望も生活感がありませんでした

今のような柔軟性もありません

 

デザインはとがったものが好き

なので軒とか重視してません(^^;

 

外壁が汚れやすいとかも無視です。。

そこが今となっては後悔ポイントです

 

軒の出がもたらす住まいのゆたかさについて
今回は私が注目している 軒の出について語ります!! 建築する立場としては 重要視している軒の出ですが 家づくりを始めた方からすると 軒の出?くらいの感じが大体です(^^; でも軒の...

 

今の自分がおかれている状況だけ考えると

このような家づくりになりがちです

 

一生涯住む家と考えれたら

要望も変わってくるはずです

 

子供が小さいのも少しの間です

今は子育てが大変でも

そのうち自分の時間が沢山できます

 

・そういった時に居場所はあるか?

・死んだ部屋や空間はないか?

そこまで考えれたら満点です

 

できるかぎり

イマだけ考えないようにしましょう

 

 

 

デメリットばかり考える人

家づくりをする場合

失敗したくない意識が強まります

 

その意識が防衛本能となり

保守的な要望になりがちです

 

何かを提案されても

まずは粗探しをしてしまいます

 

起こる可能性の少ない面が

無性に心配になります

  • 照明が少なくて暗かったらどうしよう
  • 南側に窓が無くても大丈夫か?
  • 二階水まわりは老後が。。
  • 二階リビングは買い物袋が。。
  • 来客が泊まりにきた時の部屋は?
  • キッチン綺麗にできないから隠したい
  • 木の手入れが大変そうだからいらない
  • トイレに窓なかったら換気が。。

等々他にも色々とあるかと思います

 

冷静に考えてみたら

敷地にはとてもフィットしていたり

理にかなったプランになっているのに

粗探しをして心配になります

 

失敗したくない気持ちは分かります

私も派手に失敗しました(笑)

 

長い生涯を考えた上で

メリット面とデメリット面を整理して

どちらが良いか天秤にかけましょう

 

デメリット面があったとしても

メリットの方が多ければ選ぶべきです

 

人間いつ死ぬかも分かりません

どんな死に方をするかも分かりません

客観的に要望を整理しましょう

 

 

 

部屋の大きさを限定する人

たまにこの項目に

過剰にこだわられる方がいます

勿論すべてを否定はしません

 

限られた敷地内や

限られた予算のなかでは

この項目へのおもいが強すぎると

本来重視すべきコトができなくなります

  • 子供部屋は絶対6畳欲しい
  • 寝室は10畳はいる
  • WICは4畳は必要だ
  • LDKは20畳は欲しい

こんな傾向が多いです

 

LDKを本当に建築すると

畳数では測り知れません

 

畳数だけにとらわれると

そこに気づきません

平面図のプランしか見なくなります

 

庭とのつながりや

ソトへの視線の抜け

吹き抜けでつながる二階空間

 

そういった本当の豊かさや

家の奥行感を感じれなくなります

図面の畳数を見て満足してしまいます

 

そして二流三流の提案者は

お客様の要望通りの畳数で提案して

自慢げにアピールしてきます

まずでパズルのようです

 

しかしその間取りこそが

契約への一番の近道です

お客様の要望通りですから。。。

あとは値引きして予算を合わせるだけです

 

敷地を無視して機械的に部屋をとります

果たしてそれが豊かな住まいでしょうか?

 

本当の豊かさは畳数ではありません

30坪なくても広くて豊かにできます

 

 

 

動線を限定する人

これもよく言われる内容です

動線を考えることはいいことです

 

ですがここにとらわれすぎると

またまたおかしなことになります

  • キッチン⇔洗面へ
  • シュークロ⇔洗面へ
  • 水まわり動線はかためたい

とくに三つ目はよく言われます

 

気持ちはとても分かります

ですが実際暮らしてみると

今の洗濯機等は優秀です

 

キッチンの近くになかっても

案外大丈夫です

 

その動線をなくしたことによって

他の豊かさがうまれるのであれば

そちらを優先すべきなのです

 

動線をしばってしまうと

設計士の思考が停止します

 

動線を考えるうえで

行き止まりが少ないのは大事です

 

行き止まりがないと広く感じます

そういった意味での動線は大事です

 

頭ガチガチにならずに

ゆる~く考えましょう

 

豊かさも確保しつつ

動線が確保できるのであれば

それが最善です

 

 

 

要望の伝え方の良い例

つづいてこの方の感性なら

いつもの設計士に依頼しよう!!

そうなる方の傾向と特性です

 

 

ピュアで真っ白な方

ある意味要望があまりなくて

まだ真っ白な状態もいい感じです

 

変な凝り固まった知識がついてしまうと

その知識が邪魔してしまいます

 

要望があまりないことは

決してマイナスな要素ではありません

 

やりたいことがないのも

決してダメなことはありません

 

その場合は要望には関係のないことや

自分達の私生活について

設計士について語りましょう

 

今のお住まいを見てもらうのもアリです

 

一見関係のないことが

提案する側のヒントになります

 

要望が思い浮かばない人は

焦る必要性はゼロです!!

 

むしろダイヤモンドの原石です

磨けば光る玉です

 

 

 

 

信頼して楽しみにしてくれる方

プランをつくるのは人間です

機械が作業するわけではありません

 

「プラン楽しみにしてます!」

「信頼してるのでいい感じにして下さい!」

 

この一言を言われるだけで

いつも以上に頑張ってしまいます(笑)

単純です

 

結局は人間です

設計士もあげられて期待されると

家に帰ってもプランを考えます

四六時中考えてくれます

 

過去何邸かは

考えすぎて寝れなかった人もいます

 

夢の中でプランをつくったりします

目をつむって家の中を歩きます

 

人を動かすのは人の心です

案外大事なエッセンスですね

 

 

 

大枠のコンセプトがある方

細々とした要望ではなくて

大きな夢やコンセプトがある人です

  • バーベキューを楽しみたい
  • お酒が楽しく飲みたい
  • 自転車を置きたい
  • お庭でプールしたい
  • カーテンを開けて生活したい
  • 〇〇の景色を見たい

等々でっかい項目ですが

芯のある要望は素敵です

 

その夢を中心に

プランコンセプトがきまります

 

コンセプチュアルな住まいは

住んでいて楽しいです

住んでいて豊かです

想像値をこえた住まいです

 

 

 

好奇心があってポジティブな方

先ほどの粗探しをしたり

マイナス面ばかり考えるパターンと

反対のパターンです

 

こちらからの提案に対して

キラキラと反応してくれる方

 

それが採用されない案でも

次々と新しい発想がでてきます

 

最終的には全く違う要望の家に。。

そんなことも多いです

 

それを実現するためには

ポジティブに考える力が必要です

 

何事に対してもそうかもですが

家づくりに関しても言えることです

 

 

 

柔軟な考えができる方

今までのことを一言でいうと

「柔軟な考えができる人」

これにつきると思います

 

この思想を極めることができたら

どんな提案も受け入れれます

敷地を活かした家が建ちます

 

施主力が高い方は皆さん柔軟です

むしろ我々の上をいくレベルです

 

そういった柔軟な考えのかけあいで

さらに柔軟な発想がうまれます

 

そうやってできた住まいは

我々の想像もふりきった

人生を変える器になります

 

 

 

過去の実例の話

家が出来上がるまでのプロセスが

今回のテーマにリンクする実例を

プロセスを交えて紹介していきます

 

https://verse-fujimonmon.ssl-lolipop.jp/court-house/

初めて展示場で会った時から

この家族と家づくりがしたい

きっとすることになる

そういう直感がはたらきました

 

ご来場されるまでに

寝室の窓からふと眺めていて

あのご家族入ってきてくれないかなぁ

そう念じていました(笑)

 

そういうフィーリングはあたります

 

そしてご夫婦の仲がとても良くて

奥様がご主人様のことを信頼している

そのことが初回でとても伝わりました

 

結果的にGWにご来場されてから

半年後には新居が完成です

 

土地から探してのパターンなので

過去最速の速さです

 

奥様が選ばれてきた土地が

悪条件の旗竿地でした

柔軟な考えや発想がないと

いい家は建たない土地です

 

そこを実例見学を体感して頂き

すぐさま察知してくれました

その時点でもういい家確定です(笑)

 

「要望は一応ありますが任せます」

「この土地でいいようにしてください」

そのようなニュアンスでご依頼頂きました

 

ハイムさんとミサワさんも競合でした

他社さんは普通に要望を聞いてきたようで

普通の間取りを提案されておられました

 

ですがフィーリング派の奥様が

初回提案で当社を選んでくれました

 

ずるずる最後まで競合することなく

あとは当社で金額調整です

 

センスあるご夫婦と家づくりができて

出会いに感謝です

「家づくりは長さではなく密度だ」

そう感じさせられた経験です

 

 

 

実例紹介編15 山際の旗竿地且つ変形地に建つ 二階リビングの住まい
実例紹介シリーズ15邸目です!! 随分と色々なパターンを見てきましたね 今回のお住まいは 山際の旗竿地且つ変形地に建つ 二階リビングの住まいです🏠 旗竿地且つ変形地とか 私...

オーナー様からのご紹介でつながりました

 

ご主人様からの信頼されてる感が凄くて

いつも以上のパフォーマンスができました

やはり信頼感って大事です

 

他社さんは競合の悪口ばかりでした

その辺りを見抜く力がご主人様にはありました

 

そして土地選びから私に託して下さったので

得意の旗竿地+変形地(笑)

あえてのチョイスです

 

普通はこの時点で立ち止まるでしょう

そこを何のためらいもなく

ついてきてくれました

大体の方はとまどうでしょう

 

そしてやはりこの立地を活かすためには

柔軟な発想と許容力が必要です

 

お子様三人おられて

ボリュームがふくらみがちなところを

最小限の居室を受け入れて頂き

二階リビングの提案も許容頂き

豊かな住まいが誕生しました

 

 

 

実例紹介編14 分譲地北東角地に建つ 明るく開放的な住まい
実例紹介14邸目です!! 今回のお住まいは 分譲地北東角地に建つ 明るく開放的な住まいです🏠 色々な土地は見てきましたが 北東角地は初めてですね🏠 今回はどんな建て方でしょ...

最初お会いした時の印象は

あまり思い切った提案をしてしまうと

ひかれてしまいそうだ。。。。

 

珍しく弱腰でした(笑)

 

そして最初は不覚にも

ご要望に近いプランを出しました

 

ですがこれで本当にいいのか??

自分の中でのジレンマが。。

 

勝手に手書きでつくったプランを

写メールで送りました

そしてその家が建つことになりました

 

私が思っていた以上にご夫婦は柔軟でした

実例を一緒に見に行って

すぐに吸収してくれました

そして信頼感が半端なかったです

 

建てた後の今では

沢山のお客様を案内してくれてます

施主力半端ないです

 

私の眼力もまだまだですし

やはり要望通りのプランも用意しつつ

敷地を活かしたプランもあるべきです

実例を見てもらうべきです

 

あとはお客様が何を信じるか

良い学びとなりました

 

 

 

実例紹介編12 ドマニワのある開放的なコートハウス
実例紹介編12です!!! シリーズ1から 熟読頂いている方は 私が言いそうなことも 分かってきたのではないでしょうか 今回も同じ流れでいきます🏠 今回のお住まいは ドマニワの...

展示場で初めてお会いした時から

会話が楽しすぎました(笑)

 

この方と家づくりしたい

きっとすることになる

またまた直感がはたらきました

 

へーベルさんとの家づくりに

少し疲れておられたので

気分転換に実例ツアーを

そこからスイッチ入られました

 

最後にあえて建売を案内して

どっちの住まい方がいいですか?

「こんなのは嫌です」

そう言われたのを覚えています

 

そこから土地選びも任せて頂き

売れ残っていた

条件の悪い当社分譲地でご提案

 

特別特価にしていいと言われてたので

私にとっては好条件の土地でした

 

活かし方によっては宝物の土地です

普通にプランしたら地獄の土地です

 

過去何人もの方が挑戦してましたが

日当たり問題でことごとく申し込み解除に

 

これは私の出番です(笑)

そしてご夫婦の主な要望は

「リビングを広く」

ほぼその位でした

 

敷地を活かすことの重要性を

実例見学で感じて頂いたからです

 

設計士に任せておく方が

いい家が建つことを

既に分かっておられたからです

 

そのおおらかさが

住まいとして形になりました

 

今では実例案内最多です

見られたお客様も

こんな住まい方がしたい!!

そういう方が続出です

 

どんな土地でも信頼があれば

いい家は建ちます

 

 

 

実例紹介1 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウス
実例紹介シリーズ 記念すべき第一弾です🏠 (本日の実例テーマは) 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウスです🏠 小さな家で 豊かに暮らす 大手ハウスメーカーでも 2000万円台で...

ヒカキン似設計士の自宅です

 

設計士がすごいと言いたいのではなく

これを許容した奥様が凄いのです

 

普通の奥様なら離婚でしょう(笑)

こんな家住めません。。

出ていきます。。。

なりかねません

 

ですが施主力と旦那さんへの理解力

これが半端ないので

家を住みこなしています

 

収納が足りない等あるはずですが

柔軟な考えと割り切り方

器の大きさ

設計士の裏方の奥様がすごいのです

 

私はそう思いながら家づくりしてました

住んだあともそう思います

 

そしてその奥様と

ヒカキン似設計士をひっつけたのは

私なのです(笑)

愛のキューピットです♡(笑)

 

そこはどうでもいい話でしたが

すごい人の裏方には

必ずもっとすごい器の存在があります

 

芸能人を見ていてもそう思います

家づくりに何か通じそうです

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事は

中々伝わりにくかったかもです

 

言葉で伝えるのは

正直難しかったです(^^;

 

途中で何言ってるか

分からなくなってしまいました。。

何となくでも伝われば幸いです

 

家建てる前の自分に言いたい内容です

そんな気持ちで書いた記事です

 

色々な要望はあるかと思いますが

できるだけその変化に対応できる

フレキシブルなハコでいいと思います

 

極論ここに至ります

長い生涯を見据えましょう

 

メンテも家族構成の変化も大事です

部屋数とか畳数とかそんなんではないです

 

できるかぎり柔軟にポジティブに

そして最終的には

信頼できる設計士に託してみましょう

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

 

将来的に新築をお考えの方で
実例見学やWEB見学をご希望の方は
下記リンクよりご予約下さいm(__)m

WEBおうちで教室|積水ハウス 姫路・西播エリアの住まいづくり
ご案内可能物件|姫路・西播エリアの住まいづくり|姫路・西播エリアを中心に、地域密着でお客様をサポート。お住まいに関する疑問やご相談、お気軽にお電話ください。

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

お問い合わせはコチラ

    コメント