住宅営業マンの自宅紹介 ディテール(デザイン)編

スポンサーリンク
自宅紹介

先日の記事をご覧の皆様から

Twitterのコメントにて

・スタイリッシュですね
・オシャレですね

というコメントを頂きました

ありがとうございますm(__)m

 

オシャレでスタイリッシュな空間の為に

設計士がどのような点にこだわったかを

今回の記事では写真を用いて

ご紹介していきます🏠

 

ここまで

詳細設計を考えてくれるメーカーは

少ないのが現実です

 

この記事を読むことによって

皆様のレベル

少しでも上がれば幸いです

 

ちなみに

9年前の未熟な施主である私

(一応住宅営業マン)

 

その当時ディテールという言葉すら??

でした。。。

 

今ならもっと

過激にいい家建てれるのに。。。😨

 

ということで本日は

二部のディテール編です

 

建築における

ディテールを考えるということは

 

詳細設計

壁面やライン

端部を研ぎ澄ませて

空間を美しく見せる為に

欠かせない要素です

 

オシャレに見える空間には

必ずと言っていいほど

 

つくり手の

死ぬほど細かなディテール設計

ほどこされています

 

当社設計士の中でも

そのレベルは正直個人差があります

 

営業やお客様から言われずとも

ディテールにこだわってくれる設計士は

我々営業マンからしても

信頼のおける存在です

 

我が家

打ち合わせ中は一切教えてくれませんでしたが

 

出来上がったあとに

色々と聞いたこだわりポイントを

今から私が解説していきます

 

        目次

  • 開口部(窓)のディテール
  • 建具のディテール
  • 壁面と天井面と床面のディテール
  • 外観のディテール
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

開口部のディテール

 

我が家の北庭に向けての

2m×2m×2mの開口部分です

 

景色が綺麗に切り取られて見えますね

そこには4点のポイントがあります

 

全て気づいたアナタは

中々の強者(マニア)です🏠

 

 

lets’ thinking time 

チッチッチッチッチッチッチッチッチッチッチッチッ

 

 

チーン

 

では簡単な順

ポイント伝授します!!

 

 

ポイント1

・真ん中の窓をフィックス窓(はめころし)

にすることによってスッキリ見えています

                                                        ↓

これだけ窓があれば

全ての窓が開閉する必要はないので

 

通風も考慮しつつ

フィックス窓

取り入れてみてはいかがでしょうか🏠

 

このポイントはイージーでしたね☆

 

続きまして

ポイント2

・カーテンが無い

 

正確には

ロールスクリーンを垂れ壁で隠しつつ

サッシの上部枠を消すことによって

景色を切り取っているように見えます

 

このあたりから

既にマニアックな領域です(^^;

 

通常であれば

カーテンレールが見えているか

ロールスクリーンの

束が見えている状態です

 

そこをあえて

上部壁面を室内側に出してきて

垂れ壁をつくります

 

その垂れ壁の中に

ロールスクリーンを隠しつつ

 

サッシの上部を見えないように

切り取ることによって

 

景色が切り取られた

絵画のように美しく見えます🏠

深いい~

 

もう少し分かりやすいように

ロールスクリーン

少しおろしました

 

ちなみに

 

ロールスクリーンチェーンすら

嫌だったので

つまみでおろすタイプにしました🏠

 

 

 

全ておろすとこんな感じです

これはこれで美しいです

(自家自讃か?)

 

 

 

もう一度全部開けるとスッキリです✨

カーテンだと

がうっとおしいですよね😨

 

外構の塀によって

視線を遮断しているので

カーテンのレース的な機能は不要です

 

 

 

ちなみに応用編でこんなことも可能です

サッシ枠の色をブラウンにした場合

 

サッシとサッシの間の柱壁部分

クロスではなく木を貼ることによって

サッシが連続して見えます🏠

ちょっとした配慮で見え方が違いますね

 

 

ポイント3

 

外構の塀が遠くの家を消してくれている

(開口部というよりかは外構?)

 

このポイントを分かりやすくするために

立った目線での写真を添付します

遠目に

向こう側の家が視界の中に入ってきています

 

大分遠くなので

そこまで気にならないかもですが(^^;

 

 

我々が

普段ゴロゴロする目線で見てみましょう!

見事に向こう側の家が消し飛んで

スカイブルーな空

山の尾根が見えます✨

 

北向きの空は

まぶしすぎず年中優しいです

 

ちなみにこの辺りの視線的な部分は

設計士が現地を視察に来た時点で

既に見えていたとのこと

 

今の私なら見えますが当時は。。。😨

資料見にくいかもしれませんが

断面図にて

遠くに山の尾根と書かれています

冬の光と夏の光まで計算通りでした

 

このリビングの写真は

冬に撮影した分です

 

夏場は見事に直射が入ってこないので

涼しいです

 

まさに夏涼しくて

冬暖かい設計です🏠

 

デザイン面

快適性を兼ねそろえた設計です

 

当時の未熟な私レベルでは

北側が庭で大開口で暗くないかなぁ

くらいの低レベルさでした(^^;

 

でもお客様にとっては

大体が初めての家づくりです

 

失敗したくない気持ち

明るい家がいいという気持ちがあるので

不安ですよね

 

この辺りは

信頼できるパートナーが見つかれば

託しましょう🏠

 

ええ具合にしてくれるはずです

 

次はラスト4ポイント目です

 

ポイント4

・サッシのみつけ(細さ)がうすい

断熱性の低いサッシをあえて選びました(^^;

 

最近のサッシの断熱性能はすごいです

9年前

ちょうどどちらも選べるタイミングでした

 

見た目スッキリ

断熱の劣るサッシを選ぶか

 

少しみつけの太い

断熱の高いサッシを選ぶか

 

普通なら後者を選びますね(^^;

 

多少ひんやりしますが

結露もないですし

良しとしましょう(^^)/

 

建具のディテール

つづきまして建具のディテールです

ここはサラッといきます

 

収納の取っ手がない点は

前の記事でも説明済みですが

その他にも細かいですがあります

この写真を見てお気づきでしょうか

分かりそうで分かりにくいかもです(^^;

 

左側部分はリビング入り口の扉です

 

開けっ放しにする時期が多いので

開けている時に天井のレール

見えないようにしてあります

 

もちろん特注の建具です(^^;

 

そして子供が勢いよく開けると

ガコっと外れます

見た目を追求すれば

機能性は損なわれるのが現実です

 

 

壁面と天井面と床面のディテール

3つの面を連ねて書きましたが

以下の写真をもとに見てみましょう

たしかに美しい空間に見えます

順番に3つの面について説明していきます

 

天井面のディテール

・収納ボックスの奥に

間接照明を隠しているので

天井面の照明がスッキリしています

 

天井面を

少しだけあえてダウンすることによって

南側の高窓の上部に

小壁がでないようにしています

ここマニアックです(^^;

 

番外編として

天井高さと横幅には

黄金比というのが存在します

 

天井の高さをメーカー同士

競い合っている営業マンも多いですが

美しくて居心地のいい空間について

もう一度勉強ですね🏠

 

 

我々がよく知るピラミッドも

実は黄金比で構成されています

 

確かに改めて見ると

絶妙なバランスです

 

そしてもっと身近なところにも

黄金比が!!!

 

私は吸いませんが

タバコの箱なんです

 

これまた絶妙な

黄金比率でできています

 

あともう少し

太かったり長かったりしたら

フィットしません

 

地味に

オードリーヘップバーンの顔も黄金比(笑)

 

我が家の天井高さは

施主に相談なく

いつの間にやら下がっていました(笑)

 

いい具合にするためなので嬉しいですが🏠

 

壁面のディテール

・テレビ面は余計な窓をとらずに

壁掛けテレビにて美しくしています

 

テレビ面は

リビング内からよく見る方向になります

 

ごちゃごちゃした小窓などは

できる限り取りたくないですね

 

 

そして更に細かい点です!!!

なんの変哲もない床と壁の写真です

皆様の家のこの部分に

目をやってみて下さい🏠

 

同じようになっているアナタは

マニアックですね☆

 

巾木無しの仕様になっています

通常は巾木がついているものです

 

役割としては

掃除機等の衝撃を受けたりして

はがれてしまうのを防ぐ役割です

 

大工さんの

施工手間と難易度があがるので嫌がります

カスタマーズも嫌がります

 

なので皆さん

できる限り巾木はつけましょう🏠

 

無しでいく際はご理解のうえ

ノンクレームでお願いします

 

ちなみに築9年時点ではめくれておりません

 

これは

階段部分につけた巾木の写真です

 

これはこれで

ホコリがたまるので嫌ですね😨

 

両方解消できるものは

今のところなさげです

 

 

床面のディテール

分かりやすいように

もう一度同じ画像を🏠

 

写真では分かりにくいかもしれませんが

 

床材一枚の幅が約20cm

奥行が約220cm

 

これも自宅の床材の

一枚あたりと比べてみてください

 

かなり太くて長くて

死ぬ程高い床材でした😨

 

スカンジナビアンリビング

というメーカーのホワイトアッシュです

 

標準の床材との差額が

一階部分のみで110万円でした。。

 

そんなアホな(^^;

そう思いましたが

設計士の情熱に負けました

 

でも採用して後悔はありません🏠

 

 

 

外観のディテール

外観に関しては

ちょこっとした内容です

ファサード面(よく見える外観面)は

シンプルにが鉄則🏠

 

この壁の向こう側が

壁掛けテレビ面です

 

この壁面に小窓でもこようもんなら

ホクロにしか見えません😨

 

トイレや風呂が

この位置にきた場合悩みますね

 

個人的には

風呂、トイレに窓不要派です

 

これに関しては

話せば長くなるので

別の記事にて説明します)

 

 

続いて雨樋の部分に注目してください

二本の雨樋が見えますよね

 

実は一本だけで機能的には大丈夫なのに

デザインに見えるように

二本つけているそうです(^^;

 

これに関しては

私もまだ未熟なのか

デザインに見えるような

見えないようなです(^^;

 

まとめ

デザインについて

写真をまじえて説明してきました

 

ざっくりまとめてみると

以下の感じです

  • 窓の大きさや位置だけでなく細かいおさまりまで!!!
  • 壁面を意識して不要な窓をとりすぎない!!
  • 照明計画も含めて天井面は美しく!!
  • 床材のチョイスでどうみせたいかイメージを!!!
  • 外観ファサード面はイケメンに!!
  • 最後は信頼できる設計士にお任せ!!!!!!!
  • 設計士のモチベーションをよいしょする
  • この人の為ならいい具合にしたいと思ってもらう

まとめるとこんな感じです

デザインだけが全て

とは思いませんが

 

デザインの先に居心地や豊かさ

があると感じます

 

契約後打ち合わせ回数

できるだけ減らすため

 

細かなディテールまで

考えてくれない会社や

担当者が多いのが現実です

 

この記事を見たおかげで

少しでもいい家が増えたら幸いです

 

 

本日以上となります

 

 

収納編が長く書きすぎたので

サラッと終わらすつもりが

またもや長くなってしまいましたm(__)m

 

見にくい場合は

率直なコメント下さい

 

次回以降気を付けます

ご視聴ありがとうございました🏠

 

次の記事はこちら

住宅営業マンの自宅紹介 照明、スイッチ、コンセント編
住宅営業マンの自宅紹介編 収納編 ディテール(デザイン)編 が終わりました🏠 今回は、家づくりにおいて 大事ランキング5位以内(個人的な) に入っている照明計画等についてです🏠 ...

 

WEBおうちで教室|積水ハウス 姫路・西播エリアの住まいづくり
ご案内可能物件|姫路・西播エリアの住まいづくり|姫路・西播エリアを中心に、地域密着でお客様をサポート。お住まいに関する疑問やご相談、お気軽にお電話ください。

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

計画中ランキング

 

オシャレな生活小物や
収納お役立ち品が沢山あります
良かったら覗いてみてね
↓↓↓↓


 

お問い合わせはコチラ

    コメント