今流行りの「高断熱・高気密な家」にこだわりすぎるのは危険

スポンサーリンク
家づくりの勉強

時は高断熱+高気密時代です

 

そしてそんな私は

そこには全く興味がありません(^^;

 

勿論高断熱+高気密にこしたことはないです

無いよりはあった方がいいのは間違いないです

 

常日頃そう思っていた矢先に

下記のようなツイートと記事を見ました

 

思わずのっかりたくなったので

この度私も記事にしたいと思います

 

ネット上では色々な意見が飛び交っています

 

最終的には個人の価値観だと思うので

今回も正解はないと思います

 

今の時代の流れと

私の住まいに対する考え方について

発信していきたいと思います

 

 

 

 

 目次

  • 最近の断熱事情
  • 快適な住まいとは
  • これからの住宅について
  • まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

最近の断熱事情

最近の住宅界隈の情報として

C値やらQ値やらUA値やら

色々な断熱の用語が飛び交っています

その数値を競い合うようになっています

 

実際のところは

どんな間取りや仕様かによって

 

どれだけ窓をとったかによって

その数字は変わってきます

 

なのでどこどこ会社だから

断熱の数字が〇〇だというのは

一概には言えないと思います

 

断熱や気密の数字を追い求めると

開口部や壁の多い住宅が完成します

 

 

窓の断熱性能が上がっているとはいえ

壁よりは断熱が落ちます

 

窓を小さく取れば

断熱気密の数値はあがります

 

その数字を競い合うが為に

「数字を取るのが目的」

「数字が取れたらいい家」

「数字を出してなければダメな家」

みたいな風潮を少し感じます

 

人それぞれの価値観なので

それはそれで構わないと思いますが

そこが目的になってしまうと

本当の意味での快適さは

遠のいてしまうと感じています

 

 

 

快適な住まいとは

断熱気密の数字を確保するのも

快適な住まいの一つの要素だと思います

 

ですがそれが達成できたからと言って

快適な住まいが完成するとは思えません

 

快適な住まいには

居心地の良さが必須だと思っています

 

その居心地の良さが何なのか

そこに少しふれたいと思います

 

 

 

居心地の良い空間とは

家づくりに携わりながら

建てた自宅を体感しながら

 

「快適な家とは何か」

「居心地のいい空間はどんな空間か」

そればかりを考えています

 

色々なオーナー様の家づくりを通じて

つくった家の空間を体感して

竣工パーティー等で飲みに行って(笑)

居心地の良い空間は何となく分かります

 

これは数字や理屈ではなくて

「五感で感じる住まいです」

 

 

 

当社の研究施設では

居心地よく感じる空間について

日夜研究がなされています

 

住まいに求める要素として

居心地を優先しているからです

 

もしも当社が断熱に特化したならば

こんな研究はしないと思います

 

窓の取り方ひとつで

室内の居心地のいい場所が増えます

 

 

 

居心地が良い場所が少ない場合です

 

断熱気密を重要視すると

こういうパターンになりがちです

 

 

 

部屋の中だけで暮らすのなら

これで結構だと思います

 

ですが敷地まるごと感じたいなら

これでは実現できないと思います

 

断熱気密の数値的には

目標を達成しているかもですが。。。

 

 

 

 

開口部を上手にとれば

居心地のいい場所は増えます

 

更に配慮するとしたら

カーテンを開けて暮らせるのが条件になります

 

中庭空間をつくるための主なパターン5選を紹介
カーテンを開けて過ごせる空間は気持ちいいです。せっかく作った大開口も丸見えでは無意味です。その為に必要な中庭空間をつくるための目隠しパターン5選についてまとめています。コストをかけるパターンからかけないパターンまでを網羅しています。

 

 

 

 

先ほどの居心地を実例に落とし込むと

こういった開口部の取り方になります

 

この写真は木を植える前の写真なので

この目線の先に植栽が植わると

さらに居心地の良さがUPします

 

 

 

 

更に突き抜けていくと

窓レスみたいな状態に行きつきます

 

この写真の実例は

壁の中に窓が収納された状態です

ウチとソトが最大限つながった状態です

 

ちなみに特注のサッシなので

断熱や気密性は落ちてしまいます

 

自分達が何を優先して

どこのレベルの断熱でいくのか

その辺りを考える必要があります

 

 

 

 

これからの住宅について

おそらくこれからの家づくりは

より一層断熱気密は盛り上がるでしょう

 

別にそれがどうとかは言っておりませんが

バランスが大事だと思っています

 

 

 

 

きっと大開口や大空間も主流になってきます

 

・何mの窓がとれるとか

・何mの大空間が可能ですとか

・天井高は〇cmですとか!!

・断熱の数値は〇〇ですとか!!

 

商品の使い方を間違った営業マンが

かなり増えてくると予想されます

 

そういった情報に踊らされずに

本当の豊かさや快適さを

追求することに時間を使ってもらいたいです

 

 

 

 

その為には頭でっかちにならずに

数字ばかりを追い求めずに

五感で感じてもらいたいところです

 

快適に感じる空間とはどんなのか

 

 

 

人によってライフスタイルは様々です

 

色々な実例空間を体感して

自分達の気持ちよさを見つけましょう

 

10邸の展示場をまわるよりも3邸の好実例を体感した方がいい話
10邸の展示場をまわるよりも3邸の好実例を体感した方がいい家づくりに直結します。展示場は魅せる為につくってあります。現実の家とはかけはなれたつくりになっています。リアルな敷地条件でアイデアを練ってつくられた実例を見学にいきましょう。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

頭の中を出してみたつもりですが

個人的には数字が一番とは思っていません

 

もし断熱気密の数字にこだわる方が来られたら

別の担当者にいってもらいます(^^;

 

込み入った話は苦手ですし

それを追求して家づくりをしても

良い家になるとは思えません

 

価値観の違う者同士が家づくりをしても

本当にいい家はできません

 

目的が何かです

 

両方得れるにこしかことないですが

数値を取るのが目的にならないように

ゆる~く考えましょう

 

「夏は暑いですし冬は寒いです」

「寒い時期は少しの間です」

 

 

 

 

将来的に新築をお考えの方で
実例見学やWEB見学をご希望の方は
下記リンクよりご予約下さいm(__)m

WEBおうちで教室|積水ハウス 姫路・西播エリアの住まいづくり
ご案内可能物件|姫路・西播エリアの住まいづくり|姫路・西播エリアを中心に、地域密着でお客様をサポート。お住まいに関する疑問やご相談、お気軽にお電話ください。

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

    コメント