平屋人気到来!? 平屋を建てる時に知っておきたいポイント

スポンサーリンク
平屋の実例

近年平屋を建てるお客様が多いです

私が好きすぎて勧めるからもありますが

世の中的にも流行っている感じがあります

 

そして平屋=年配の方

そういうイメージもありましたが

最近では20代後半~30代の方も多いです

若い世代の方の平屋は激シブです!!

 

そして私が今の土地で建て替えできるなら

100%平屋にします(笑)

 

今の経験と知識があったならば。。。

大変悔やまれます(^^;

 

ということでこれから家づくりの方で

二階建てと思い込んでいても

案外平屋がいける土地の可能性もあります

 

私のように後悔する人がでないためにも

平屋のポイントあれこれを

まとめていきたいと思います!!

 

 

 

  目次

  • 平屋の特徴と魅力
  • 平屋を建てるにあたって
  • まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

平屋の特徴と魅力

平屋には二階建てにはない

沢山の特徴と魅力があります

一つずつ深堀していきます

 

ワンフロアの暮らし

平屋では階段や二階の廊下はありません

全ての生活がワンフロアです

 

一部ロフトと階段をとるのもありますが

ほぼつながった生活になります

 

プランの取り方によっては

将来の子供部屋空間等の居室を

LDKにつなげて使うことができます

そこはかなり大きな特徴かと思います

 

この写真はダイニングの横に

将来の子供部屋2室分が設けてあります

真ん中の仕切りも将来する感じです

 

扉はつけてますが

写真はあけた状態です

 

ママ友たちはお茶しながら

子供たちは遊ばせておく

 

扉を閉めたら個室にもなるので

おもちゃを広げても大丈夫

少しは気持ちを大きく持てます

 

二階建てではこれだけ充実した

プレイルームはつくれません

 

リビングにおもちゃが。。。(^^;

こぉるぁぁー!!!

って怒らないといけません

平屋を検討する際は利用しましょう

 

一階の床面積が全てなので

延床30坪の平屋の場合

プラン次第では30坪分を感じれる家に

 

30坪の総二階建ての場合

マックス15坪分しか感じれません

 

一階と二階が分断されているかどうか

この差は大きいです

 

二階建てでも吹き抜けでつなげると

二階部分の雰囲気も取り込めます

 

 

構造的な強さ

平屋のメリットは

間取りに関することだけではありません

 

二階建てや三階建てに比べると

地震や強風等の災害に対しても強いです

 

大開口も取りやすいです

無柱の大空間も取りやすいです

構造的な強さはかなりアップします

 

 

敷地の有効利用

敷地が60坪以上位ある場合

30坪の総二階を建てると

敷地がかなり余ります(^^;

 

それでも外構工事を

しっかりつくりこめたらいいですが

中々そうもいきません

 

中途半端な外構になると

見た目もイマイチなうえに

雑草とのたたかいが辛いです。。

 

思い切って平屋にした場合

ジャストサイズで敷地を使えます

雑草がはえる範囲も少ないです

 

60坪以上建築地があったならば

平屋の可能性を疑いましょう!!

 

過去のお客様において

最初二階建てと言われていたけど

敷地が大きかったので

勝手に平屋のプランもつくっていき

最終的に平屋になったパターンが多いです

 

両方の可能性を比較したうえで

平屋か二階建てかを決めましょう

 

 

 

勾配天井を活かせる

平屋にした場合のいい面として

LDKの天井勾配が利用しやすいです

 

二階リビングの場合も同じことが言えますが

屋根なりに天井を演出できます

 

屋根形状に合わせて天井勾配に

変化がでていい感じです

好みに応じて採用しましょう

 

 

 

天井をあげるパターンもあります

この写真で床から天井面まで2,9mです

 

高ければいいというものでもないですが

開放的なのをお好みな方は

空間ボリュームを考慮しながら

開放的な空間を実現下さい

 

 

 

天井面をいじらずに

水平ラインを意識したプランも

平屋ならではになります

お好みの雰囲気でチョイスしましょう

 

 

 

 

デメリット面

建築コスト

平屋がいいのは分かるけどお金が。。

そう思われている方も多いのでは?

 

私も最初はそう思っていましたが

パターンによっては安くなることも?

 

コストが同じ位か安くなるパターン

  • 敷地が大きすぎて外構にお金がいる時
  • 一階が大きく二階がちょこっとの場合
  • 余ったスペースを巨大な吹き抜けやベランダにした場合
  • シースルー階段にお金かかる場合
  • 無駄な二階の廊下が多い場合

等々の場合は

比較するとそんなに変わらないか

安くなったケースもありました

 

最初から高いとあきらめずに

可能性を追求しましょう

 

 

 

土地が大きくないと不可能?

いくら平屋に憧れていても

都心部の細長い土地や

狭小地では厳しめです

 

実際のデータにおいても

都心部に平屋は少ないです

 

そこそこの土地の大きさがいるので

土地購入にも費用がかさみます

 

個人的には60坪をこえたら

可能性があると感じます

ミニマムな平屋は無駄がありません

 

 

 

水害時の心配

これに関してはデメリットです

 

エリア性にもよりますが

水災の時は平屋は不利です

 

昨今の異常気象から

水災を気にされる方も多いです

 

心理的に不安であれば

避難できる高さが必要です

 

 

平屋を建てるにあたって

そこそこの土地が合って

平屋の可能性があったとしても

良い感じの平屋にするのは

つくりてにとっても難しいものです

 

施主様のご理解と

設計センスと経験も必要です

 

平屋の受注件数が少なかったり

平屋初挑戦の営業とかは要注意です

 

ここではいくつかポイント説明します

 

 

外観をどうつくるか

これはお客様からも

よく言われる項目です

 

「平屋って公民館みたいになりませんか?」

何となく言われることは分かります

 

普通の5寸勾配とかの屋根にすると

ずんぐりむっくりな外観になります

 

 

 

2,5寸の屋根勾配にすると

写真のようにシャープです

軒の水平ラインが活きてきます

 

5寸勾配になってくると

このアングルでも屋根部分が

しっかりと見えてきます👀

かなり印象は違うと思います

 

 

 

特に平屋の場合屋根面積が多いので

屋根形状はかなり重要です

 

 

4寸勾配でこんな感じです

印象と雰囲気は違いますね

4寸勾配以上になると

瓦屋根にすることができるので

瓦一体型の太陽光も可能です

平屋の場合太陽光がよく見えるので

どうしても太陽光を採用したい方は

瓦一体型も検討してみて下さい

 

 

 

パターンによっては

軒を出さずに屋根をフラットに

こんなパターンもありです

 

モダンな外観に格子と和庭がマッチです

この辺りは好みになってきますので

納得のいくデザインにしましょう

 

 

 

外構の重要性

先ほどの外観に加えて

外構が超重要です(植栽も)

 

こういった塀をつくることも

外観をつくると思って下さい

 

予算取りを甘く見ない方がいいです

150万円や200万円では余裕で足りません

 

しかしここをケチれば

トータルデザインとしては完成しません

 

計画段階からいくらみておいた方がいいか

パートナーと相談しましょう

 

建物プラン先行になると危険です

 

 

 

アプローチの重要性

二階建てにおいても言えますが

平屋の場合は特に言えることです

 

 

  • 玄関ドアを見せないようにする
  • 直進で玄関にたどり着かせない
  • 植栽を感じながらアプローチ
  • 中庭への期待感を抱かせる
  • 深い軒下空間をつくる
  • 足元は低木や割栗石で
  • できるだけコンクリートでうめない
  • 照明計画も重要

みたいなことを意識してみてください

 

アプローチが長く豊かになると

毎日の暮らしも豊かに感じます

 

 

 

軒下空間をつくる

二階建てよりも軒が近く感じます

軒下空間がより有効的です

色々な軒下空間の利用方法があります

 

 

王道としては大開口+デッキ+軒下空間

深い軒があると居場所になります

 

軒がないと夏場は暑すぎます🔥

理想は2mくらいは欲しいところです

 

 

写真右手部分は駐車スペースです

カーポートを取らない為の軒下空間です

 

全ては覆えませんが

濡れなくてアプローチは可能です

外観もふまえて利用してみましょう

 

 

 

玄関の上の軒下空間です

二階建ての通常は1m位が多いです

 

写真は3m近くあります

玄関の軒下を大きく取ることで

かなりの豊かさと余裕がうまれます

 

軒の重要性に関してはこちらの記事も

軒の出がもたらす住まいのゆたかさについて
今回は私が注目している 軒の出について語ります!! 建築する立場としては 重要視している軒の出ですが 家づくりを始めた方からすると 軒の出?くらいの感じが大体です(^^; でも軒の...

 

 

 

廊下を減らす

平屋のプランをつくる場合に

普通につくると廊下が増えます

 

せっかくのワンルーム空間なので

できる限り無駄な廊下は無くしましょう

無駄なカベも取っ払いましょう

無駄な建具も取っ払いましょう

不安であれば補強を入れておきましょう

 

つけたものを壊しませんが

足りなかったらつけれます

プラスにしていく方向で検討しましょう

 

 

 

外部からの視線に配慮する

平屋で大開口を取る場合が多いです

 

窓を大きくとったはいいけども

視線が気になってカーテン閉めっぱなし

何してるこっちゃ分かりません(^^;

 

でもこれ実際よく見る光景です

平屋に限らず二階建てでもです

 

 

塀を建てるだけが手法ではありませんが

視線を遮る工夫はしましょう

 

窓の向きや大きさや高さ

外からどう見えるかを意識しましょう

カーテン閉めっぱなしの窓は不要です

 

 

素材感を大事にする

これも平屋だけではありませんが

外構含めた素材感は重要です

 

我々メーカーの弱い部分でもあります

クロスだらけにもなりがちです

 

 

 

この平屋の住まいの時も

「なんちゃってデッキでいいかな」

最初はご主人様がそう言われました

 

「絶対ダメです!!!!!」

お金を出さない私が全力拒否(笑)

 

でもそのくらい違いがでます

コストかけるところと削減するところの

メリハリは大事にしましょう

 

コスト削減が必要な場合はこちらもm(__)m

注文住宅におけるコストダウンの方法20項目をご紹介
注文住宅の見積もりは お客様が見ても分かりにくいです こんな細かい項目の中から 何を削減していいか分からない😨 今日はそんな方の為に 私が日頃の営業活動において いつも意識しているポイント...

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事がきっかけで

  • 二階建て検討してたが平屋にした!
  • 平屋検討中で参考になった!!
  • 将来平屋が建てたくなった
  • 他のブログも見てみたくなった!!

そんな方がおられると幸いです

 

二階建てと決めつけずに

可能性を追求して下さい!!!

 

何かを柔軟に考えれたら

コンパクトな平屋なら実現できます!

 

平屋の実例はコチラ

実例紹介編11 軒の深いウッドデッキ空間のある極上の平屋
実例紹介編11邸目です🏠 今回は私の憧れでもある 平屋の素敵なお住まいです✨ 年とったら平屋がいいなぁ なんて思ってませんか? 今は20代~30代の方でも 沢山の方が平屋を建てられ...

 

 

【注文住宅】おしゃれなウッドデッキ付き平屋の実例紹介!新築和モダン平屋の快適な間取りや設計デザインについて【4LDK】

 

【平屋】おしゃれな平屋の建て方を解説!和モダンな平屋の快適な間取りや設計デザインについて【注文住宅】

 

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

 

将来的に新築をお考えの方で
実例見学やWEB見学をご希望の方は
下記リンクよりご予約下さいm(__)m

WEBおうちで教室|積水ハウス 姫路・西播エリアの住まいづくり
ご案内可能物件|姫路・西播エリアの住まいづくり|姫路・西播エリアを中心に、地域密着でお客様をサポート。お住まいに関する疑問やご相談、お気軽にお電話ください。

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 お問い合わせはコチラ

    コメント