建築条件付きの土地を購入する前に注意すべきポイント

スポンサーリンク
土地の探し方

今回の記事は

建築条件付き土地についてです!!

 

家づくりのご相談を受ける中で

建築条件付き土地を選ばれている方も

ちらほらおられます

 

その際に気を付けるべき点が案外あるので

今回はそこにフォーカスをあてます

 

土地探しをされるケースの方は

是非ともご覧下さいm(__)m

 

 

 

 

 

目次

  • 土地探しをするにあたって
  • 建築条件付き土地とは
  • 建築条件付き土地購入の注意点
  • まとめ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

土地探しをするにあたって

家づくりをされる方の大半が

土地探しからの方が多いです

 

土地ありの方!!!

うらやましいですね~(^^;

 

土地探しからの方は

後ろ向きに考えずに

ポジティブに探しましょう!!

 

ある意味自分で建てる場所を決めれます!

 

ただし!!

土地にどんだけ予算をかけるかや

どんな暮らしをしたいか!?

 

これを深く考えずに土地探しを突き進めると

高確率で失敗します!!

 

総額に対して

バランスの悪い土地選びになります

 

そうならない為にも

まずは全体的な土地の特徴についてです!

 

 

 

 

 

 

南向きのデメリットも意外とある

日本には南向き信者の方が多いです

 

生まれてきてから植え付けられた

謎の固定観念によるものです

 

不動産の資産価値としても

北向きより南向きの方が高いのも事実。。

 

ですが家を建てると考えた時はどうか!?

皆様どう思いますか!?

 

確かに日当たりはいいかもですが

  • 道路からの視線が気になる
  • 車のお尻が見えがち
  • カーポートの影にならないか
  • 外観を格好よくしにくい
  • 総額が高くなる
  • バルコニーが丸見え

等々家を建てるにあたっては

結構マイナスに働くこともあります

 

方位や資産価値だけで考えずに

建てる上でのメリットも考えましょう!

 

営業マンから見る 南向き土地のメリットデメリットの本音
土地から探して 家を建てる人が多いです そしてその方の殆どが 南向きの土地=いい土地 南向きの土地=日当たりがいい そう思われているのが現実です もちろん正解な部分はあると思います ...

 

 

 

 

 

北向き土地のメリットが意外とある

先ほどの逆パターンになります

個人的には北向き土地はお勧めです

 

  • 外観がつくりやすい
  • 光は吹き抜けからとれる
  • 北向きでも反射光は入ってくる
  • 総額を抑えれる
  • バルコニーが丸見えにならない

等々家を建てるに際しては

メリット面も結構あります

 

建て方次第で

北向きの土地も活きてきます!

 

意外と知らない 北向きの土地のメリットデメリット
前回は南向き土地に フォーカスをあててみましたので 今回は北向き土地にフォーカスします!! 今回の記事は こんな方に読んでもらいたいです 北向きの土地は暗い印象の方 これか...

 

 

 

 

 

方位はそこまで気にしなくてもいい

私の個人的意見ですが

極論方位はそこまで気にしなくていい!!

 

プランの取り方次第!!

そのくらいで思っています

 

それよりも

その土地に光る個性があれば

その部分を重要視したいです

  • 視線の抜けがある
  • 借景が見える
  • 二階からの景色がいい
  • 隣家と隣家の隙間から光が入る

等々その敷地にしかない個性があります

 

その個性部分は

たいてい土地の坪単価に反映されません

方位でしか金額を判断されません

 

こういった穴場の土地を見つけれたら

家を建てるにあたってはお得感があります

 

家づくりをするにあたって分譲地のどこの区画を選ぶかについて
今回は土地探しの方向けです 特に何区画かの分譲地検討の方 この記事を書こうと思ったきっかけが 視聴者の方からの問い合わせです 「この中ならどの区画がお勧めですか?」 確かに考えてみたら ...

 

 

 

 

 

プラン次第でどうにかなることが多い

変形地や狭小地や旗竿地!!

土地金額の安い三大パラダイスです(笑)

 

不動産屋さん的には困りもの扱いですが

個人的には大好物です(笑)

 

土地金額が安くつく分

建物や外構にお金がかけれます

豊かな暮らしがその分手に入ります!

 

土地にお金を使い果たすよりも

結果的に豊かな暮らしができます!

 

あえてクセのある土地を狙いに行く!!

そんなお宝探し的な土地探しも

個人的には大好きです♪

 

変形地・狭小地・旗竿地でもいい家はできる!?その為に大事な点
今回は私の大好物です!!! 変形地・狭小地・旗竿地!!! バッチコーイです(笑) ただし金額が安い物件限定です 条件が悪いから土地金額が安い プランでクリアすればお得感満載 そんな土地はいつもより...

 

 

 

 

 

 

狭小地でもいい家は建つ!!

21坪の土地であっても

素敵なお住まいは実現可能です!!

 

疑わしく思うかもですが

どれだけ自分たちが柔軟になれるかです!

 

まだ下記実例をご覧になってない方は

是非とも見てみて下さい!!

 

21坪の土地であっても

小宇宙が広がっています!!

 

21坪の狭小地に建つ延床面積19坪の豊かな住まい「無床の家」
今回の実例紹介はぶっ飛びです!! 私がスゴイわけでもなんでもないですが 当社スタッフには怪物が沢山います(笑) 私が今も辞めずに楽しめているのは こんなスゴイ人たちのおかげです 今回のお...

 

 

 

 

 

 

建築条件付き土地とは

建築条件付き土地をご存知でしょうか!?

 

言葉通りではありますが

その土地を販売している建築会社にて

もれなく建物も建てないといけない土地です

 

この土地の場所はドンピシャだけど

この会社の建物は好きじゃない。。。

そんなケースも生じてきます

 

でもこのエリアに中々出てこない土地だし。。

 

この場合めっちゃ悩ましいですよね(^^;

そこで土地優先でいっちゃうのか!?

建てたい会社を優先するのか!?

ここで大きく運命が変わってきます。。

 

突っ走ってしまう前に

ちょっと冷静に一息つきましょう(^^;

 

 

 

 

 

建築条件付き土地購入の注意点

建築条件付き土地を購入する前に

気を付けるべきポイント達です

 

 

 

 

本当にその建築会社でいいか?

そもそもの話ですが

  • 本当にその建築会社でいいですか?
  • 土地だけで決めてしまっていいですか!?
  • 今の担当者に不満はないですか?
  • 設計担当者は紹介してもらってますか?
  • 設計担当者はいけてますか?

 

 

土地がなくなっちゃいますよ!!

早く申し込みしないとなくなりますよ!

こんな土地はもう出てこないですよ!!

 

こんな言葉をかけられがちです。。

冷静な判断ができなくなりますね(^^;

 

どちらの気持ちも分かりますが

こんな時こそ冷静になりましょう

 

これから紹介する項目を

全てクリアーしたならば

進めて良しだと思います!!

 

家づくりに失敗しない為に実例見学の際に見るべきポイント10選
今回の内容は私がいつも推奨している 実例見学時において 見るべきポイントについてです これを意識してみるのと ただ漠然と見学するのかでは 雲泥の差が生じてきます 是非とも参考にして頂き ...

 

 

 

 

 

条件が外せる場合もある

これに関しては絶対ではないですが

たまにあり得るケースです

 

土地の場所は気に入ったけど

どうしてもその会社で建てたくない。。

 

そういったケースの場合に

通常の土地金額に

例えば100万円とか200万円を上乗せして

建築会社は好きに選ぶことが

いけるケースもあります

 

上乗せする金額に関しては

ケースバイケースです

 

どうしても好きな会社で建てたい!!

そういった場合は

ダメもとで相談してみるのもありです

 

土地探しは誰とどのようにすすめていくのがベストか
家づくりをすすめていくうえで 土地から探さないといけない方は多いです 土地をお持ちの方はうらやましいです✨ ですが土地を自分で決めれるということは 住んだ後の景色も自分で決めれるという事です 自...

 

 

 

 

 

地盤補強工事が必要かどうか

建築条件付き土地の場合

土地の契約前に

基礎補強が必要かどうかが分かることが多いです

 

通常であれば

土地の契約後でないと

地盤調査をさせてくれません

 

この辺りは一般の土地を購入するよりも

安心できるポイントかと思います

 

土地を購入する際に気をつけておきたいポイント
土地の購入の流れは以前に紹介しました 方位別の土地の選び方も網羅しました 今回は購入する前に 気を付けておいた方がいいポイントです!! 土地を契約してしまってか...

 

 

 

 

 

間取りをしっかり決めてから契約すべし

一番多いトラブルはここですよ!!

土地の場所優先で

 

 

 

・プランは後でじっくり打ち合わせできます

・優秀な設計士つけますから!

・いったん契約して下さい!

・契約してからでないと提案できません

 

 

 

こういったトークによって

土地と建物をとりあえず契約

 

契約後はと言うと。。。

  • 設計士の提案がいまいち
  • 何回打ち合わせしてもよくならない
  • この間取りがベストなのか不安
  • 設計士との相性が合わない。。

なんてことがしょっちゅーです

 

こうなった時が最悪です。。。

一旦契約してしまっているので

後戻りできません

 

手付金も勿論返ってきません。。

 

打ち合わせ時間だけが

いたずらに過ぎていくのです。。

 

設計士のレベルが低いと

何回打ち合わせしても良くなりません

 

色々伝えても伝わりません

  • 契約前にしっかりと打ち合わせして
  • 契約前に設計士を紹介してもらって
  • 間取りを満足できる状態にして

そこから契約するようにしましょう!!

 

これをすっ飛ばして土地優先しちゃうと

痛い目にあう確率が激高になります(^^;

よくある話ですよ~~。。。

 

 

注文住宅の契約前に確認すべきポイントベスト10
今回の内容は家づくりをする方にとって とても重要なポイントです 注文住宅の契約前に 確認すべきポイントベスト10です!! 現役住宅営業マン目線なので 皆様が不安に思うポイントとは もしかし...

 

 

 

 

 

仕様をしっかり確認してから契約すべし

これもあるあるなんです!!

 

間取りはある程度気に入ったから!!

土地の場所も完璧!!

とりあえず契約していいかな!?

 

本当にいいんですか!?

仕様確認はちゃんとしてますか?

 

 

 

これ以上増額しません!

・標準よりいいの入れてますから!

・概算で金額見てますので!

・外構は概算できちんとみてます!

 

 

この言葉を信じて

契約後に200万円アップ。。

こんなことも日常茶飯事です(^^;

 

間取りだけでなく

中の仕様もきっちり抑えておきましょう

 

概算項目が残るとしても

しっかり見ておきましょう!

 

注文住宅の契約後に増額になりやすい項目ベスト10について
最近お問合せ内容にて 見積もり内容が適正かについて 質問されることがありました お客様の気持ちになれば 当然不安になる事項だと思います 全ての選択肢を知らない中で ・担当者が勧める仕様で本...

 

 

 

 

 

外構工事も任せないといけないことも

建築条件付き分譲地の場合とか

外構工事もその会社でしないといけない!

そんなことも多いです

 

知り合いの外構業者に安くしてもらおう

そんなつもりで思っていると

痛い目にあいます

 

この場合に例外は認められないので

必ず外構業者が決められます

この辺りも事前に確認しておきましょう!

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

建築条件付き土地一つとっても

色々考えないといけませんね

 

初めての家づくり

トラップがいっぱいです(^^;

 

地雷を踏んでしまわないように

しっかりと石橋を叩いて渡りましょう

 

土地探しは宝探しです!!

楽しみながら進めていきましょう♪

 

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    壁紙にあきた方にお勧め
    (ウォールステッカー)

    ソファーを置かずに
    ビーズクッションを置く暮らし

    無印の後付け可能な
    収納の箱

    コメント