間取りを考える上でのリビング・ダイニング・キッチンの取り方と特徴

スポンサーリンク
家づくりの勉強

今回はLDKの取り方にフォーカスあてます!

 

LDKを真っすぐなタイプにするのか

L型にするのか

はたまた。。。。

 

悩みはつきませんね

 

最終的には敷地をどう活かしていくかや

どんなライフスタイルを好むかですが

少しでもその判断材料になるように

実例写真をもとに解説していきます

 

「このパターンが最強!!」

みたいなのはありません

 

自分達にはどのスタイルが合っているか

そういう目線で見てもらえたらと思います

 

 

 

 

    目次

  • LDKの取り方のパターン
  • 意識すべきこと
  • 実例紹介
  • まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

LDKの取り方のパターン

まずはLDKの取り方のパターンです

 

こうやって限定すること自体良くないですが

よくあるパターンを見ていきましょう👀

 

 

 

真っすぐLDK

個人的には一番多いパターンです

 

敷地形状的にも

無駄をなくしていくとこうなります

 

 

 

我が家もLDK全てワンルームに真っすぐです

 

キッチンからもダイニングからも

全てを見渡すことができます

 

それがいいと思う方も

程よい距離感が私は欲しいと思う方も

色々かと思います

 

 

 

 

良くも悪くも全てがつながっています

何をしていても視覚の中に家族が入ってきます

 

全てが見渡せてしまう分

奥行感がないと言われたこともあります

 

その辺りの感じ方は人それぞれですね

 

 

 

 

 

ウチとソトがつながると見え方も変わります

 

同じ真っすぐのLDKだとしても

感じる範囲が変わるはずです

 

なのでプランだけを凝視せずに

ソトを含めた広がりも考えるべきです

 

プランに注力しすぎて

ソトをつくるお金を残していないと

こういった豊かさはうまれません

 

LDKの形よりも

ソトとの関連性の方が重要です

家の中で一番気持ちいい場所・室内と室外をつなげるポイント5選
今回は気持ちいい場所特集です!! 「家の中にいて気持ちいと思える場所」 「家の中でソトを感じれる場所」 「ソトみたいなウチ」 「ウチみたいなソト」 こういった境界線が曖昧な居場所は とって...

 

 

L型LDK

割合でいうと少ないですが

セパレートタイプのLDKです

 

 

食べる所とくつろぐところが分断されてます

スイッチのオンとオフになるかもです

 

ダイニングで勉強する組と

リビングでくつろぐ組

 

分断されている分

その作業に集中もできそうですね

 

 

 

 

キッチンを中心に

両サイドにダイニングとリビングが

 

このLDKのご希望は

奥様の強いご希望でした

 

真っすぐのLDKでは

奥行感が感じられないとのコメントが

 

この辺りの感じ方や考え方は

住人十色です

 

 

 

平屋の場合であれば

将来の子供部屋スペースを

LDKに取り込むことも可能ですね

平屋人気到来!? 平屋を建てる時に知っておきたいポイント
近年平屋を建てるお客様が多いです 私が好きすぎて勧めるからもありますが 世の中的にも流行っている感じがあります そして平屋=年配の方 そういうイメージもありましたが 最近では20代後半~30代の方も多い...

 

 

 

畳コーナーが絡むLDK

このパターンをご希望される方は多いです

 

そして仕切れるようにもできる畳希望

これが一番多いです

 

ですが私はそこの必要性に関しては

しつこく問いただします(笑)

 

「なぜそれが必要なのか?」

「どういう使い方をしたいからなのか?」

 

決して否定するわけではないのです

本当に必要かどうかを判断したいだけです

 

ここで私が惰性になってしまうと

そのままご要望通りの家になります

 

それでもいいのかもですが

それでいいのか自分にも問います

 

部屋数や畳数よりも

敷地を活かした住まいが最優先です

 

・部屋数にお金をかけるよりも

・外構にお金をかけたいです

・大きさにお金をかけるよりも

・質感をあげることにお金をかけたいです

 

家づくりにおいて限られた予算をどの部分にコストをかけるべきか
家づくりにおいて予算は限られています (ほぼ大半の方が) その限られた予算をどこにあてるべきか 皆様も非常に悩まれる項目かと思います 我々も同じくとても悩む項目です 生活や住まい方を豊かにする為...

 

 

 

最初は仕切ることのできる畳希望でした

一応将来仕切れるように補強は入れてます

 

最初から仕切ってしまうと

将来取り外すことはないでしょう

 

ですがお子様が小さいうちは

この状態の使い方の方が◎です

 

子供さんたちは楽しそうです

 

 

 

仕切れる建具が見えてくるか無いかで

存在感がかなり違います

 

どれだけ開けっ放しにできても

建具が残ってきます

 

この使う機会が少ない建具を

常に出っ放しにするのは勿体ないです

 

家づくり初期によくある要望 畳コーナーは本当に必要か?
今回は家づくり初期段階において 大半の方が要望にあげられる 「畳コーナーについてふれていきます」 なぜこの記事を書こうと思ったかというと 先日不動産業者さんを 当社の実例に案内する機会がありまし...

 

 

 

ピットリビングスタイル

LDKが真っすぐとかどうとかもですが

ピットリビングという考え方もあります

 

くぼみスペースです

LDKの中にあるくぼみスペースは落ち着きます

居心地抜群です

 

 

 

平面的な大きさ以上に

居場所が沢山できるのが特徴です

  • 段差に腰掛けたり
  • 段差を背もたれにしたり
  • 段差をテーブルにしたり
  • 段差を収納にしたり

LDKの畳数以上の豊かさがうまれます

 

 

LDKの畳数だけ広くしても豊かな住まいにはならない事について
先日お客様を実例案内してきました 34坪の建売 33坪の北向きの家 30坪の二階水まわりの家 29坪の二階水まわりの中庭の家 27坪の旗竿地の中庭の家 建売はダメな例としてあえてです(笑) ...

 

 

 

和室がどうしても欲しいのであれば

ピットリビングと合体もありです

 

更に居心地も良くなります

 

 

 

 

コタツスタイルにも適応します

畳コーナーとリビングを兼ねる方法ですね

 

コンパクトに豊かな暮らしをするには

「兼ねる」という手法が重要です

 

 

 

LKパターン

もっと原点に立ち返って

LDKという概念も捨ててみましょう

 

ダイニングスペースを無くせば

LKスタイルの出来上がりです

 

ただ捨てただけでは狭くなるだけなので

その他の豊かさをプラスしましょう

 

 

 

 

この写真は土間スペースをプラスしています

階段まわりに居場所も設けています

 

あたりまえを一つ無くすと

それに代わる豊かさがうまれます

 

 

 

ステージでつなげる

LDKを考えるというのは

「居場所」を考えるということです

 

LDKのつながりを考えるということは

居場所をつなげるということです

 

 

 

ステージとステージをつなげることで

ゆるやかに居場所同士がつながります

 

途中のステージ部分では

二階が近く感じます

一階を見下ろせます👀

 

 

 

アウトドアリビング

究極に近い形態です

LDKは何もウチだけではありません

 

ソトにリビングがあってもいいのでは?

そんな暮らし方もありだと思っています

 

リビングが全部土間とか

ソトみたいなリビングとか

そもそもリビングがソトとか(笑)

 

ちょっと極端な例ですが

個人的には冗談では言ってません(笑)

 

近々そんな空間を体感できるような予感

 

 

 

どこまでウチにいて錯覚を与えれるか

その度合いによって居心地も変わります

 

限りなくソトに近い空間を目指したい

居心地のいい場所を作りたい

 

 

 

 

カーテン閉めっぱなしのただの20畳よりも

ウチとソトがつながった20畳+αがいいです

 

ソトをつくる費用も考えておかねばなりません

家づくりにおいて限られた予算をどの部分にコストをかけるべきか
家づくりにおいて予算は限られています (ほぼ大半の方が) その限られた予算をどこにあてるべきか 皆様も非常に悩まれる項目かと思います 我々も同じくとても悩む項目です 生活や住まい方を豊かにする為...

 

 

 

 

キッチンを囲ってみる

ただのLDKの間取りを考えてみて

何か物足りなさを感じるそこのアナタ!

 

例えばキッチンを囲ってみましょう👀

 

 

 

ちょっとしたハコをつくるだけで

ちょっと変わったLDKを演出できます

 

平面図だけで見れば

普通のLDKの形状です

 

形を無理矢理いじくらなくても

演出一つで変わります

 

 

意識すべきこと

ではLDKを考えるうえで意識すべきこと

私なりの意見を書き出します

 

 

 

 

居場所を意識すること

何度も言ってきていますが

LDKを考えるということは

居場所を考えるというコト

 

家に帰ってどこで過ごすか

休日にどの居場所で過ごすか

どんな居場所が気持ちよく感じれるか

 

 

 

 

ちょっとしたくぼみが居場所になります

 

ちょっとした居場所

意図していない使い方をうんでくれます

 

 

 

 

子供たちの発想力は∞です

良い意味で予想値を超えてくれます

 

 

 

 

ちょっとした階段の途中も居場所です

ただの通路は勿体ないです

 

 

 

 

北庭に面した軒下空間も居場所です

夏場は南向きよりもむしろいい居場所です

 

居場所居心地と考えると

必ずしも南向きではないはずです

 

 

 

居心地をあげることを意識

居場所を考えたならば

今度は居心地を考えましょう

 

皆様が居心地よく感じる場所はどこか

 

 

 

ウチとソトが限りなく曖昧な空間は

文句なしに気持ちいいです

体感してみないと分からないかもです

 

 

 

余計な雑踏が見えずに

切り取られた景色とソラだけが見える空間

 

無条件に気持ちいいですね

 

 

 

 

そういった空間は

プラスしたグリーンも映えます

 

 

 

 

私の言う居心地が想像しにくいならば

スターバックスでお茶して下さい

居心地を考えられた店舗が多いです

 

ゆっくりお茶する空間は

居心地重要ですよね

 

コーヒーにお金を払うのではなく

空間にお金を払いにいきましょう

 

 

 

フレキシブルに対応できるように

生活の型はそれぞれです

 

そしてその型も年月を経て

変化していくものです

私においても激変しました(笑)

 

昔はゲーム三昧+床でゴロゴロですが

今は最近買ったダイニングに入り浸りです

 

まさか自分がブログに目覚めるなんて。。

家を建てる時は0%の確率です

 

できるだけフレキシブルに変化するように

空間をシンプルに構成すべきです

 

固定の棚や家具を取り付けずに

シンプルなハコが理想的です

 

 

 

目線の高さを意識すべし

居心地や外からの視線を考える上で

ウチとソトの目線の高さが重要です

 

 

 

部屋の中がくぼんでいると

外からの視線が気になりません

 

こういったくぼみは

安心感がうまれます

 

 

 

 

逆に見上げたり見下ろしたりは

違う空間にいる認識をくれます

 

同じワンフロアー内であっても

違う場所感を感じさせてくれます

 

 

吹き抜けでつなげる

LDKを平面的に考えずに

断面的に考えてみましょう

 

吹き抜けをとることで

上下階がつながります

 

 

 

二階の空気感を取り込むことで

一階に気配がもれてきます

 

 

 

ちょっと二階部分をチラ見せでもOKです

これだけで動きがかなりでます

 

平面的にLDKをとらえずに

立体的なつながりも意識しましょう

 

視線の抜けや奥ゆかしさが

広がりを感じさせてくれます

 

 

実例紹介

写真で紹介してきたいくつかを

ご紹介しておきます

 

自分達が気になったスタイルがあれば

是非ともご覧下さい

 

 

 

真っすぐなLDK

実例紹介編11 軒の深いウッドデッキ空間のある極上の平屋
実例紹介編11邸目です🏠 今回は私の憧れでもある 平屋の素敵なお住まいです✨ 年とったら平屋がいいなぁ なんて思ってませんか? 今は20代~30代の方でも 沢山の方が平屋を建てられ...

 

 

 

L字型LDK

実例紹介編8 ピット畳を中心に家族の居場所がある家
実例紹介シリーズ 色々な実例がでてきました🏠 今回は第八弾です!!! 今回のお住まいは ピット畳を中心に 家族の居場所がある家です 最近ピットリビングと言って ...

 

 

 

畳コーナーが絡むLDK

実例紹介4 大きな吹き抜けとリビング階段で ZEH取得した住まい
実例紹介シリーズ🏠 第三弾まで終わりました 今回は第四弾です!! 今までと少し趣向を変えて 今回のテーマは 大きな吹き抜けと リビング階段で ZEH取得した住まいです ...

 

 

LKにするパターン

実例紹介5 多機能な土間スペースのある 軒長の白ハコ住宅
実例紹介シリーズ🏠 第四弾が終わりました 今回は第五弾です!! 今回の住宅は 多機能な土間スペースのある 軒長の白ハコ住宅です 昔の家には ふんだんに使われていた ...

 

 

アウトドアリビング

実例紹介編12 ドマニワのある開放的なコートハウス
実例紹介編12です!!! シリーズ1から 熟読頂いている方は 私が言いそうなことも 分かってきたのではないでしょうか 今回も同じ流れでいきます🏠 今回のお住まいは ドマニワの...

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

LDKのスタイル一つとっても

考えるべきことは沢山あります

 

ただ単に真っすぐかL型か

それだけではございません

 

「居場所を考えること」

「居心地を考えること」

「居場所をつなげること」

「ソトもセットで考えること」

「上下階もつなげること」

 

これらを意識して考えましょう

 

 

将来的に新築をお考えの方で
実例見学やWEB見学をご希望の方は
下記リンクよりご予約下さいm(__)m

WEBおうちで教室|積水ハウス 姫路・西播エリアの住まいづくり
ご案内可能物件|姫路・西播エリアの住まいづくり|姫路・西播エリアを中心に、地域密着でお客様をサポート。お住まいに関する疑問やご相談、お気軽にお電話ください。

 

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

    コメント