無垢・挽板フローリングの経年変化とメンテナンスについて

スポンサーリンク
家づくりの勉強

今回は無垢・挽板フローリングの

経年変化について発信します

 

いつもは綺麗な写真ばかりですが

現実部分も発信します

 

家が建って10年も経過すると

色々な部分が経年変化します

物も増えていくでしょう

 

その中でも特に今回は

床材の経年変化にフォーカスあてます

と言っても我が家の分しか分かりません

 

色々な床材によって

経年変化の仕方は様々だと思います

 

ほんの一例だと思って

見て頂けたら幸いです

 

 

 

  目次

  • 無垢・挽板について
  • 経年変化について
  • メンテナンスについて
  • まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

無垢・挽板について

今回ご紹介する経年変化は

シートばりのフローリングには起こりません

 

木の表面をウレタン塗装している材にも

あまり起こらない変化になります

 

オイル仕上げや無塗装の材は

経年変化が必ず起こります

 

建てる前にどのような変化が起こるのか

理解した上で素材を選ぶべきです

 

そういったご理解が無い方は

経年変化する素材はお勧めできません

 

 

 

新品の時は何でも美しいです

 

無垢・挽板のいいところは

家族の思い出がすりこまれていくところです

 

汚れや劣化と捉えずに

円熟味が増してくると捉えてもらいたいです

 

では実際に我が家でどの位の変化なのか

このタイミングで見てみましょう

私の記録用としても使います

 

 

経年変化について

我が家の場合はホワイトアッシュの床です

 

引き渡し時は明るめの床でしたので

経年変化で飴色になるのは分かっていました

 

どんどんと色づいていくだろう

そういう覚悟はできておりました

 

 

 

新築時はちょっとしたシミもきになる位

真っ白い輝きのある床材でした

 

何かこぼしたらちょっと神経質になる位です

ですが一年も経つと何とも思いません(笑)

そんなもんです(^^;

 

 

 

特にホワイトソープで仕上げているので

白めに仕上がっています

 

さてこれが10年を経て

どのように変化しているか

 

いつもは綺麗な写真の方を掲載してます

これが今の我が家です(笑)

 

 

 

 

見違えるほど色がついています

写真じゃなければ何とも思いませんが

写真で比べるとかなりですね!!

 

ずーっと暮らしてると違和感ないですが

こうやって見比べると全然違います

 

特に我が家は10年程床座の暮らしです

ソファーやダイニング無しで

床にへばりついて過ごしていたので

余計に変化していると思います

 

人が良く居座る場所は変化しています

 

 

 

通過するだけの廊下に関しては

そこまでムラのある変化はしてません

 

 

 

 

更に10年後になると

もっと飴色になっていると思います

 

そのうち茶色くらいまでいくのかな(笑)

 

どこまでいくのか楽しみですが

こうやって年月と共に

経年変化するのは素敵です

 

 

 

 

床暖房をつけている季節は

床が盛り上がってくる場所があります

 

できるだけ低温で使ってはいますが

どうしても乾燥収縮は起こります

 

全邸起こるとは限りませんが

何らかの変化は起こります

 

 

 

このような感じで

木の材によって変化の仕方は様々です

 

段々と濃くなっていく材としては

  • カバザクラ・メープル
  • タモ・クリ
  • オーク
  • パイン材
  • 杉等

 

カバザクラ

 

オーク

 

アメリカンブラックチェリー

 

 

 

 

段々と薄くなっていく材としては

  • ウォールナット
  • タガヤサン
  • 熱処理した床材等

このように薄くなる材もあります

 

ウォールナット

 

 

その他にも色々な変化があります

その材によったり塗装によったり

加工の仕方によっても様々です

 

床材を決定する前に

経年変化によっては確認しましょう

 

 

 

メンテナンスについて

床材によってメンテ方法は違います

塗装の仕上げによっても違います

 

我が家の床はソープ仕上げなので

ココナッツオイルのような

サラッとした液を使用します

 

 

 

こういった原液を

お水で薄めて使います

 

 

 

表面にツルっと膜をはるワックスとは違います

サラッと浸透性のオイルです

 

 

 

この液を薄めた液体を

霧吹きで床にふいていきます

 

そしてそれをひたすらごしごしします

中々の重労働なので

まぁまぁしんどいです(^^;

 

 

 

子供たちは邪魔ばかりしてきます

 

色々やりたい気持ちも分かるので

何とも言い難いですが(^^;

 

 

 

ごしごし磨いていると

かなり雑巾が真っ黒になります(^^;

(お見苦しい写真ですみませんm(__)m)

 

これが現実でございます。。。

 

年に2回程磨くようにしています

本当はもう少し多い方がいいかもです

 

 

 

雑巾で全て磨いた後は

モップで最後に仕上げます

 

それでもこれだけの汚れが。。(^^;

 

家族も増えて

犬一匹も増えたので

余計に汚れやすくなっています

 

これからもできる限りマメに

床を磨いていきたいと思いました

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

これがリアルな状態です

家は建てて終わりではないです

形ある物いつかはです

 

本当は外構や外壁に関しても

経年美化やお手入れできるような

そんな素材にしたいところです

 

次に自由に家が建てれるのであれば

そんな素材に囲まれたいです

 

床材は杉の無垢材にしたいです

 


私がいつもTwitterで交流している

しぶやんさん宅は無塗装の床材でした

 

きっと毎日足ざわりがいいと思います

素材に対する理解度があれば

選択肢も増えるかと思います

 

提案する側のスタンスにもよるので

ご自身でもきちんと勉強して下さい

でないと後悔すると思います

(私の二階の床材のように。。(笑))

 

塗装や仕上げに関する記事

無垢・挽板を選べばいいわけじゃない!!塗装の種類と特徴について
無垢・挽き板を勧めてくる担当者は多いです。ですが意外とその先の塗装まで勧めてくれる担当者は少ないです。この塗装によって肌ざわりは格段に違いますし、人体に及ぼす影響も大違いです。否定的にとらえるとメンテナンスが必要という表現になりがちです。塗装の種類と特徴を理解しておきましょう。

 

マルホンさんのホームページにも

詳しく経年変化に関して掲載あります

 

更に詳しく知りたい方は

ホームページをご覧下さい

無垢の木と色味の変化—樹種ごとに異なる色変化の傾向—【683号】 | 無垢フローリング・無垢材・無垢内装材|マルホン

 

ショールームは予約して見学可能です

床に関して勉強したい方は

ご予約の上ご覧下さいm(__)m

 

 

将来的に新築をお考えの方で
実例見学やWEB見学をご希望の方は
下記リンクよりご予約下さいm(__)m

WEBおうちで教室|積水ハウス 姫路・西播エリアの住まいづくり
ご案内可能物件|姫路・西播エリアの住まいづくり|姫路・西播エリアを中心に、地域密着でお客様をサポート。お住まいに関する疑問やご相談、お気軽にお電話ください。

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

 

お問い合わせはコチラ

    コメント