【注文住宅】設計士のモチベーションを上げる為の有効的な手法

スポンサーリンク
設計士

今回の記事内容は

設計士とのやりとりの仕方です

 

相談のお問合せでも多い内容です

設計士さんのプライドを傷つけずに

どのように意見を伝えたらいいのか

 

確かにこれって結構むずい内容です

 

営業マンですら

設計士とのコミュニケーションは。。

 

家づくりを成功させるには

かなり重要な内容なので

参考にしてみて下さいm(__)m

 

 

 

 

 

      目次

  • 家づくりするにあたって
  • 設計士のタイプ
  • 設計とうまく付き合う為には
  • まとめ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

家づくりにおいて

人と人のコミュニケーションは大事です

 

結局は人と人の共同作業なので

設計士の気持ちが折れてしまうと

その他の人が頑張っても無意味です

 

設計士が思考停止してしまうと

お客様の要望通りの家になります

 

 

 

 

 

だからと言って

ゴマをする必要はありません

 

ポイントがありますので

その辺りをお伝えします!!

 

 

 

 

 

設計士のタイプ

その前に!!

設計士にもいろんなタイプがいます!!

 

大まかに分けて

どんなタイプがいるかご紹介します

 

 

 

 

向上心の高いタイプ

  • いい家がつくりたい!!!
  • 新しい挑戦をしたい!!!
  • 貪欲にいい家を沢山見たい!!
  • 色んな事を試したい!!
  • 日頃から一般建築を勉強してる

こういった建築に対して

エネルギにーに満ちたタイプです

 

このタイプに年齢差はありません

やる気の問題です

スタンスの問題です

 

こういったマインドを持ってる人は

いずれ芽を出します

すぐに頭角をあらわします

 

担当設計士が若くても

こういったマインドなら◎です!!

 

 

 

 

業務的なタイプ

先ほどの真反対タイプです

ただひたすら業務的にこなす

 

会社からすると◎ですが

とびっきりのマイホームにしたい!!

 

そう思われてる方にとっては

少し物足りなく感じると思います

きっとミスマッチになってしまいます

 

私もこのタイプの設計士とは

お仕事しません(^^;

  • 要望通りのプランができる
  • スピーディーにてがきする
  • せせこましいプランになる
  • 型にはまったプラン

こういう傾向が強いです

 

これが絶対にダメじゃないですが

ミスマッチに感じる方もいます

 

せっかくの注文住宅なのにご用聞きな間取りがでてくることが多い訳
日常の業務において 他社さんの間取り提案を含め 様々な提案を目にする機会があります それを見る度に 私はもったいないなぁ~と思います。。 完全に私の価値観での気持ちです 万人には当てはまら...

 

 

 

 

 

超人気設計士タイプ

各支店内に

一人や二人だけいるタイプです

 

オーナー様からの満足度が高く

いい家づくりができる

売れっ子設計士です

 

みんな担当して欲しいですよね(^^;

 

しかしながら業務集中しちゃうので

お客様が強く働きかけないと

みんなが担当してもらえません

 

どうせ同じ金額払うなら

優秀な担当者にしてもらいたいですね!

 

 

 

 

 

ハイセンスだけどシャイBOY

実力はピカイチなんですが

伝え方が苦手だったり

営業とのコミュニケーションが苦手

 

提案がハイセンスすぎて

営業マンが良さを理解しきれない

 

営業マンが操縦しにくい

提案が全部高い金額

そんなタイプもいます

 

私は好きです(笑)

 

コミュニケーションが難しいので

苦手に感じる営業が多いのも事実です

 

 

 

 

若手のホープタイプ

入社した当初から

あきらかにヤバいタイプです

 

めっちゃ優秀やん!!

そういうタイプもいます

 

そしてそういうタイプは

大体がすぐに頭角をあらわします

 

もしくは辞めてしまいます(^^;

 

すぐにオーラで分かると思うので

担当してもらったらラッキーです!

 

 

 

 

 

化石なベテランタイプ

  • ベテラン=安心
  • ベテランだからいい

 

そんな固定観念は捨てて下さい

家づくりには該当しません

 

経験値は大事ですが

感性も大事です

センスは大事です

 

昭和の間取りで時が止まってる。。

なんてこともあります

 

早期に感じ取って下さい!!

合わなければチェンジです!

 

ベテラン設計士が良いとは必ずしも言えない!?
今回の記事は 前回投稿したこの記事に関連します 皆様の家づくりにおいて どんな設計士に担当してもらいたいですか? 皆様からは「いい設計士つけてください!」 そう言われることが大変...

 

 

 

 

 

設計とうまく付き合う為には

いろんなタイプが分かりました

 

色んなスタンスの人がいますが

みんな家づくりが好きです

嫌いでやってる人はいません!

 

気持ちよく家づくりができるように

お互いの思いやりが大事です

 

 

 

 

 

コンセプトを理解する

一番大事なのはこれかと思います

 

真剣に考えられたプランには

ちゃんとしたコンセプトがあります

 

お客様が変更の要望を言うことで

このコンセプトがなくなる変更なら

そもそもプラン全部変えた方がいいです

 

そしてコンセプトというのは

ちょっとした変更でも崩れます

  • 真っすぐな壁がコンセプト
  • ぐるぐるまわるコンセプト
  • 垂直方向の吹き抜けがコンセプト
  • 中庭がコンセプト
  • 木のハコがコンセプト

いろんなコンセプトがあります

 

設計士の意図をくみとるか

設計士から聞いちゃいましょう

 

コンセプトは何ですか!?

コンセプトはどこですか!?

 

その大枠さえ変えなければ

小さな変更は問題なしです

 

家づくりに失敗しない為のプランコンセプトを崩さない打ち合わせ
今回は提案する側が強く意識すること プランコンセプトについてです そもそもこれを意識せずに お客様の要望そのまんまの担当者は その時点でそこ止まりです。。。 優秀な設計士は 必ずコンセプト...

 

 

 

 

要望を伝えすぎない

あれもしたい!

これもしたい!!

この通りにしてほしい!!!

 

あまり沢山詰め込んで伝えると

設計士も困り果ててしまいます(^^;

  • 予算的に大丈夫なのか?
  • 素材にお金まわせるのか?
  • やりたい外構できるのか?
  • この敷地におさまるのか
  • せせこましくならないか?

色んな心配事がでてきます

 

私たちはこんな暮らしがしたいから

この敷地にフィットした

ええ感じにしてください!!

期待してます!!

 

極論このくらいでもいいと思います

 

【注文住宅】要望をできるだけ少なく伝えることのメリット
今回の記事内容は 私が色々なオーナー様を見てきて 良い家づくりをされておられる方の 共通点であるポイントです 「伝えている要望が少ない」 「要望を言ったが叶えていない」 こんな方が意外と多いのです...

 

 

 

 

 

遠慮せずハッキリ伝える

色々言いましたが

遠慮はいりません!!

あまりかしこまる必要も無いです

 

心と心が通い合わないと

いい家はできません

 

大体の本物の設計士は

お客様が微妙なことを言った場合に

 

 

う~ん。。。。

。。。。。。。

。。。。。。。

 

という具合に

スッと次に進みません(^^;

 

言われたようにしたくない時は

しばらくフリーズします(笑)

 

我が家の打ち合わせの時もそうでした

 

センス悪いこと言ってしまうと

「う~ん。。。」ってうなります(笑)

 

あ!!

辞めといた方がいいこと言った!!

 

そうなりました(^^;

そこはプロに任せるべきです

 

いい具合にしてもらいましょう(笑)

 

変に自分の考え方に

固執しない方がお勧めです

 

 

 

 

 

自分たちがプランを考えない

自分で考えることはいいことですが

それを絶対にしてしまうと

設計士もへそを曲げてしまいます

 

じゃあこれでいいやんってなります(^^;

 

そのプランを全無視して

まったく別のプランを出しにくいです

 

お客様の理想を無視して

自分のプランを推し通しにくいです

 

自分でつくったのを見せてもいいですが

基本的にはいい具合にして下さい!!

この合言葉は忘れずに伝えて下さい(笑)

 

結果的に跡形もないプランに。。

それくらいがちょうどいいです(^^;

 

 

 

 

 

設計担当の実例を見に行く

設計士も口下手が多いので

共通の話題があると盛り上がります

 

実際に担当した実例を見て

ここのあれが良かったとか

あれはどういう意図なんですか?とか

施主様がこう言ってましたよとか

 

共通の話題で盛り上がりましょう

 

設計士もいい気分になって

120%の力を発揮します

これほんとに有効な手法です

 

私も設計士を紹介する前に

つける設計士の実例を案内してます

 

家づくりを失敗しない為にプランを見る前に実例を見て体感すべし
今回は私がいつも意識していること プラン提案の前に 必ず行っている儀式があります 「実例を見て体感してもらうことです」 これをしてからでないと プランの提案は絶対にしない そう強く決めてい...

 

 

 

 

 

家づくりを楽しむ

家づくりを楽しまれてる方は

打ち合わせするとすぐ分かります

 

そのエネルギーは設計にも伝播して

設計士も頑張ってしまいます!

 

この人の為にいい家にしたい!

そう思ってもらえます

 

悲壮感漂って

断熱気密の数値ばかり気にして

ネガティブなことばかりじゃ✖です

 

心から楽しんでる姿を

見せつけちゃって下さい(笑)

 

家づくりは家【モノ】より物語【コト】が意外と大事だと思う話


 

 

 

 

 

柔軟な考えを持つ

いつも言っていますが

柔軟性は大事です

 

優秀な設計士がつく世界観は

皆様の世界の外にあります(^^;

いきなり理解できないレベルです

 

柔軟で広い心があれば

きっと理解できる日がくるはずです

 

もしくは理解しないまま

家の完成の方が早いかもです(笑)

 

完成するまで想像できない。。

それくらいがちょうどいいです

 

家づくりの固定観念を取っ払え!家づくりの当たりまえ体操
今回はちょっとコメディーなタイトル 家づくりの当たり前体操です!! 家づくりをしていると 色々な固定観念に襲われます そしてそのまま流されることが多いです これはお客様に限らず 提案する側...

 

 

 

 

 

期待感を露骨にみせる

ごまをするのではなくて

本音と期待感をぶつけましょう!!

 

「期待してますよ!!」

「めっちゃ楽しみにしてます!!」

心の底から言って下さい!!

 

どんな小細工よりも

一番のエネルギー源です!!

そして心地よいプレッシャーです

 

私もいつも使う言葉です

「僕も楽しみにしてますよ(笑)!」

「お客様も期待されてますよ!!」

 

その日から苦悩の日が続くはず(笑)

 

【注文住宅】家づくりを成功された方の共通点について考える
最近オーナー様宅を取材しています ルームツアー動画を撮影する為に 各オーナー様宅をまわっています どのお住まいも どのご家族様も キラキラしていてとても素敵です その際に感じた共通点があり...

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

設計士とのやり取り次第で

できあがる家が変わります!

これ本当のお話です

 

そしていい家をつくる方は

本当にあげ上手です

 

設計士が気持ちよく仕事してます

 

営業マンとぐるになって

設計士をあげましょう(笑)

 

いい家づくりをする為に施主が意識すべき力「施主力」について
今回は超絶メンタル的なお話です 私が常日頃強く意識しているやつです そう!!! 「施主力」についてです!!! 家づくりの成功には施主力は必須です むしろこれさえあれば 家づくりは成功すると...

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    壁紙にあきた方にお勧め
    (ウォールステッカー)

    ソファーを置かずに
    ビーズクッションを置く暮らし

    無印の後付け可能な
    収納の箱

    コメント