太陽光発電(ソーラーパネル)を搭載するか搭載しないかについて

スポンサーリンク
家づくりの勉強

今回の記事内容は

太陽光発電システムを

搭載すべきかしないかです!!

 

あくまで私の考え方です

検討する会社によっても

提案の仕方も単価も違います

 

それぞれの意見はあると思いますが

一意見として聞いてもらえたらと思います

 

 

 

 

 

目次

  • 家づくりするにあたって
  • 太陽光発電を搭載するかどうか
  • 搭載する際の注意点
  • まとめ

 

 

 

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

家づくりをしていると

大体が予算オーバーから始まります(^^;

 

思ったより安かった。。。

なんてことはあまり経験がありません

というか全くありません(^^;

 

一旦見積もりを上げてから

さぁどこを減らしていこうってなります

ネガティブな作業に感じるかもですが

ここが大事な作業でもあります

 

家の見積もりの中には

沢山のなくてもいいものが詰まってます

そこを前向きに削除していきましょう!!

 

その項目に太陽光が該当するのか!?

そういう目線で考えてみて下さい👀

 

 

 

 

太陽光発電を搭載するかどうか

最近YouTubeでも

太陽光搭載すべきかどうかの動画を

沢山見かけるようになりました

 

それぞれ色んな立場から

色んな人が発信しているので

見ている人は大変ですね(^^;

 

私も発信する側の一人として

意見を述べたいと思います

 

 

 

 

 

売電単価が下がった

私がマイホームを建てた

10年前は売電単価が最高でした

1kw辺り48円という金額です

 

2021年はと言うと

売電単価19円が10年間続きます

 

これだけを見て10年前と比べると

かなりの減額に感じます

 

ここだけで判断すると

もう載せない方がいいよになりますね

 

 

 

 

 

補助金がなくなった

これまた私が自宅を建てた時は

国や市から

太陽光の補助金がありました

 

1kw辺り数万円の補助金です

大体3kw~4kw搭載が多かったので

10数万円の補助金といったとこでしょうか

 

今はというと

これまた無くなってます

 

蓄電池に関する補助金はありますが。。

 

この条件からしても

前向きになりにく状況です

 

 

 

 

 

提供する単価も下がった

先ほどまではネガティブ情報でしたが

ここからはプラス派の情報です

 

10年前は駆け出し期間でした

 

補助金があったり

売電単価が高かったですが

そもそもの太陽光搭載費が高いです

 

1kwあたり47万円位でした

(当社の単価で)

 

3kwを搭載した我が家は

総費用150万弱くらい必要でした

 

それが今はどうかというと

メーカーやタイプにもよりますが

4kw搭載しても100万円位です

 

搭載量が多くなって

搭載費は大幅に安くなってます

 

搭載に約100万円をかけて

メリットになるかを考えましょう

 

 

 

 

 

月々の支払金額を考える

搭載に100万円かけるということは

ローンに換算すると

約3000数百円です

 

もちろん金利やらを考えると

もっとややこしい計算になりますが

月々3000数百円の投資をして

年間いくら返ってくるかです

 

売電単価が安くなったとはいえ

年間を平均すると

1万円弱位光熱費は安くなります

 

当初資金総額の

100万円は上がっていますが

毎月の支払い額で考えると

生活は楽になっています

 

太陽光に関しては

そういった目線が必要です

 

注文住宅を建てる際に大事な固定費の見直し項目について
家づくりをしていると とにかく総額に意識がいきます その気持ちはとても分かります 大事な部分です とは言え生活が始まると 毎月の固定費になります 今回はその辺りについて 少し...

 

 

 

 

 

10年以降もゼロにはならない

先ほどの話は

10年間だけの話です

 

売電単価が固定されるのは

10年間の話になります

 

我が家も10年過ぎたので

もう売電単価48円は終わりました(^^;

既に十分もとはとってくれてます

 

ここで終わっても±ゼロですが

これからも発電はしてくれます

 

売電単価が下がりましたが

建てたメーカーにて

最高値の売電単価11円にて

電気を買ってくれます

 

積水ハウスオーナーでんき (sekisuihouse.co.jp)

 

 

こんな仕組みになるとは予想してませんが

これは嬉しい誤算です

 

一円でも市場より高く買ってもらえたら

これからはプラスになっていきます

 

注文住宅を建てる前に知っておくべきランニングコストについて
今回は家を建てる為というか 家を維持していくための話です あまり家を建てる際に 深く考えることは少ないと思います ですが住んだ後は大事なお話です この機会に考えてもらえたらと思います ...

 

これらの条件を全て加味すると

個人的には載せるべきかなと思います

 

 

 

 

 

搭載する際の注意点

ただし何でもかんでも

とりあえず搭載すればOK!!

とは全く思っていません

 

まちなみのことを考えたり

外観のことは考えて搭載したいです

 

 

 

 

 

平屋の場合

二階建て以上の場合は

太陽光自体が見えないことが多いです

 

家を見上げるので

そもそも太陽光が見えません

 

しかし平屋の場合は

屋根面が結構見えてきます

 

せっかくの佇まいの平屋でも

太陽光が目立つといまいちです

 

屋根勾配や屋根の種類によって

見え方や見せ方が変わってきます

 

 

 

 

先ほどの2,5寸に比べて

屋根勾配がきつい4寸屋根です

その代わりに瓦一体型ソーラーが採用できます

太陽光の存在を見せたくない方にとっては

屋根勾配を考えることも大事です

 

 

 

 

 

瓦屋根の色

個人的な意見ですが

カラフルな瓦屋根を採用したのなら

太陽光が目立ってしまうと思います

 

それが気にならない人もいるかもですが

個人的には気になります

 

せっかくこだわった屋根の色なので

ある程度配慮はしたいところです

 

 

 

 

 

屋根勾配や形状

屋根勾配や屋根形状によって

太陽光は全く見えません

 

実際に人目線で考えると

殆どの場合が見えてきません

(見えてこないように意識しています)

 

 

 

 

奥側にちょこっと見えている

片流れ部分に搭載しています

 

道路側からはまず見えません👀

 

せっかくこだわった外観に

太陽光の存在感が強いと残念です

 

できるだけ太陽光が見えないように

屋根を考えていきたいところです

 

 

 

 

 

屋根勾配を緩くして

軒を大きく出すことによって

太陽光の存在はさらに消えます

 

実は搭載しているけども

綺麗な軒裏しか見えてきません

屋根勾配や見せ方を考えましょう

 

家づくりの外観の印象に大きく影響する屋根形状と屋根勾配について
今回はまだふれていなかった 屋根形状と屋根勾配についてです どんな外観がいいかと聞かれても どんな種類があるか分からないはずです なので今回は屋根にフォーカスをあてて 一通りご紹介したいと思いま...

 

 

 

 

 

新築後に搭載する場合

最近はあまり聞かなくなりましたが

一時よくあった話です

 

訪問販売や電話にて

太陽光の後のせを勧める話。。。

これには要注意です!!!

 

メーカーの保証のついた屋根に

他社が太陽光を施工するわけです

 

その部分に問題が生じた時に

保証がきかなくなってしまいます。。

 

甘い誘惑や美味しい話には

簡単にのらないようにしましょう

 

 

 

 

 

外観上の留意

家の顔はどちら側なのか?

 

死角部分であれば

太陽光がとっちらかっていても

そこまで気にすることはありません

 

分譲地の南西角地とかで

据え置きソーラーが派手に見える。。。

そんな感じは避けたいところです

 

せっかく綺麗な外観や外構にしても

ソーラーに目がいってしまいます👀

(私だけなのか!?)

 

注文住宅で意外と考えられていない家の顔・ファサード面について
今回の記事内容は 家づくりにとって大事なコトです ファサード面って聞いたことありますか? これを意識しきれてない家が多いです こっちから見たらイケメンだけど。。。 よく見える横顔が。。。 ...

 

 

 

 

据え置きタイプか瓦一体型か

太陽光発電と言っても

いろんなタイプがあります

  • 瓦一体型タイプ
  • 据え置きタイプ
  • 架台タイプ

大半は据え置きタイプですが

状況に応じて使い分けましょう

 

 

 

 

 

我が家は太陽光を感じさせたくなかったので

瓦一体型にしました

 

屋根の勾配によっては

据え置きタイプでもいいと思います

 

瓦一体型のソーラーパネルは

建物とみなされて

固定資産税の評価額が少し上がります

据え置きタイプだと別にみなされます

 

 

 

 

据え置きタイプにする場合は

できるだけパネルの存在感を見せない!

これに徹して考えたいところです

 

見た目的には美しいものではないです

 

瓦一体型太陽光パネルと据え置き型太陽光パネルの特徴について
今回はまだふれていなかった 太陽光パネルに関する内容です 何となくは分かるけど まだ知らない部分があるはずです これから搭載を検討される方は 是非ともご覧下さいm(__)m ...

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

あくまで個人の見解です

 

私は見た目重視派なので

うまく見た目をカバーできないなら

きっと搭載しないでしょう(^^;

 

それはお金ではなく

見た目を優先するからです

 

しかし!!

見た目もカバーできるなら

今の状況だと搭載すると思います

 

まちなみや佇まいに配慮しながら

バランスよく家づくりしましょう!!

 

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    壁紙にあきた方にお勧め
    (ウォールステッカー)

    ソファーを置かずに
    ビーズクッションを置く暮らし

    無印の後付け可能な
    収納の箱

    コメント