元大手ハウスメーカー出身の設計事務所(SQOOL)を取材

スポンサーリンク
実例を見たい

今回の記事内容は

元積水ハウスの設計士であり

現在設計事務所(SQOOL)を起業された

鈴木さんを直撃取材してきました!!

 

同じ職場の時は支店が違うかったので

直接お仕事したことはありません

 

現場見学会や交流会で知り合いました

とんでもなく家づくりにアツい人🔥🔥

これが第一印象でした

 

積水ハウス時代からあつかったですが

枠から解き放たれた鈴木さんは

更にアツいお仕事をされてました

 

モチベーションがかなりあがりました

ダレと建てるかの重要性も再認識できました

ハウスメーカーとの違いも聞けました

色々な面での気付きになりました

 

鈴木さんと家づくりできる人は幸せです

こんなに素敵な建築家がいるとは。。

 

私と鈴木さんでは

おかれている立場は違いますが

日本中の人に周知されてないのは勿体ないので

微力ながら紹介していきます

 

辞められた細かな経緯については

先日の記事でご紹介しています

 

大手ハウスメーカーから独立していく人たちがアツイことについて
今回の記事はちょっと変化球です 家づくりにそこまで直結しません 私がふと感じたコトです 頭によぎった内容です 私自身37歳です(笑) 何歳まで住宅営業をしているのか? 何歳まで住宅営業でき...

 

 

 

 

   目次

  • 鈴木さんの経歴
  • 掲載雑誌と受賞歴
  • 実例紹介
  • 対談した内容
  • まとめ

 

 

 

 

スポンサーリンク

鈴木さんの経歴

1981年 兵庫県生まれ

1999年 兵庫県立兵庫高等学校卒

2004年 京都大学工学部建築学科卒

2006年 積水ハウス入社

2013年 チーフアーキテクト就任

2015年 SQOOL一級建築士事務所設立

 

 

「想像以上に色々なことができる」

「想像以上に自由度がある」

 

ハウスメーカーの家づくりにも

可能性を感じられたそうです

 

 

 

 

掲載雑誌と受賞歴

積水ハウス時代から

隠しきれない才がこぼれていました

 

支店が違えど

評判や噂がとんできていました

 

入社二年目からコンペに入賞し

沢山の歴史的な家をつくられています

 

特に私が好きな入賞邸が以下リンクです

せいじの樹 | SQOOL一級建築士事務所
建築の設計監理業務(特に住宅)エクステリアのデザイン、プロダクトのデザインはSQOOLの鈴木俊彦におまかせください。

 

ここでプレゼンテーションされている

断面図に心踊らされました

 

起業されてからも

貪欲に色々なコンペに参加されています

モダンリビング含め

数々の雑誌にも掲載されています

 

おそらくこれからも色々な媒体に

紹介されていきそうな予感しかしません

もっと世に広まって欲しい建築です

 

 

 

実例紹介

実例の綺麗な写真については

以下のリンクをご覧下さい

実績 | SQOOL一級建築士事務所
建築の設計監理業務(特に住宅)エクステリアのデザイン、プロダクトのデザインはSQOOLの鈴木俊彦におまかせください。

 

ここでは実例の写真をもとに

会話した内容や気付きを書きます

 

この実例においては

土地からお探しだったようです

 

鈴木さんは一人で起業されているので

土地探しも自分が行います

 

資料を集めて現地を見に行って

役場等の調査も行います

 

ハウスメーカーではあり得ません

下手したら土地も見ずにプランかきます。。

 

今回見つけた土地も超穴場です

眺望のいい方向の隣家が平屋で

建築基準法上の道路に

接道していなかったのです!!

 

つまり隣家が建て替えされることはない

下手したら将来安く買い足す可能性も

こんな掘り出し物は中々ありません

 

そして建築する側の目線で探さないと

気付かない土地です

 

建築家が土地探しをするのは最強です

とても理にかなっていると感じました

 

一人しかいないので

その分の労力は大変です

 

土地探しは不動産屋さん頼りではなく

できるだけ建てる人と探しましょう

 

土地探しは誰とどのようにすすめていくのがベストか
家づくりをすすめていくうえで 土地から探さないといけない方は多いです 土地をお持ちの方はうらやましいです✨ ですが土地を自分で決めれるということは 住んだ後の景色も自分で決めれるという事です 自...

 

 

 

鈴木さんの特徴的な部分として

いつも断面図から入られます

 

コンセプトが分かりやすく

絵心のある断面図ばかりです

最近の綺麗なCGとは違った良さがあります

 

 

 

細部にわたるコメントもあじがあります

設計者の意図がつたわってきます

 

綺麗なパースもいいですが

熱量の伝わるプレゼンも素敵です

 

 

 

ほぼプレゼン通りの間取りのまんまです

 

鈴木さんが提案する初回プレゼンから

殆ど変更になることは無いようです

 

やはりファーストプレゼンは重要ですね

 

 

 

 

平屋のおかげで眺望も抜群です

将来的に建つこともありません

 

何も考えられてない土地とプランの場合

この眺望がなくなってしまうこともあります

 

 

 

サッシまわりのおさめ方や

素材一つ一つが丁寧につくられています

見る人が見れば感じます

 

そして驚くべきは!!!

写真の下側に並んでいる収納です

 

ハウスメーカーで造作収納をすると

おそらく写真のような感じにすると

100万円~150万円くらいかかります。。

 

ですが鈴木さんが造作図面を作成して

部材を取り寄せて

大工さんに施工してもらうことによって

半値以下でつくることができるそうです

 

お客様がうらやましすぎます

写真にうつっている物全てが特注です

鈴木さんが丁寧に設計してくれています

 

 

 

 

キッチンは

うまく既製品を利用したりしています

基本的にはどこでも使えます

この事例はパナソニックとのこと

 

普通にタイルはったりしてるのも素敵です

ハウスメーカーで建てる場合は

ハードスペックな部分に費用が奪われて

質感や素材感にお金がまわせません。。

 

造作収納にしたくても

高すぎて採用されません(^^;

野暮ったい既製品が多いです。。

 

ですがこれだけの仕上がりにする為には

相当な詳細のおさまり図面と

大工さんとのコミュニケーションが必要です

 

施工するレベルも必要です

鈴木さんの意図が伝わっていないと

この完成度は不可能です

 

鈴木さんはポイントポイントで

何度も現場に行かれるそうです

 

工務店に現場監督はいますが

他人任せにすることなく

自分でもチェックしに行かれます

 

ハウスメーカーの設計士は

ほぼ現場に行くことはありません

 

伝達する人間が多くなればなるほど

濃度や密度は薄まる気がします

鈴木さんの話を聞いて思いました

 

全部自分でするからこその

アツいオモイのつまった家になります

 

細部のおさまりが際立ちます

大工さんにも伝わります

 

 

 

開放的で広いリビングに対して

コンパクトな子供部屋です

 

ベッドは下と上で分かれています

しぼる部分はしぼっています

 

メリハリとこれを許容できる

施主力あるお客様が素敵です

鈴木さんに対する信頼もあるでしょうか

 

 

 

玄関収納も普通に造作です

 

ちょっとした段差部分にも収納が

小まわりのきく設計ですね

 

これぞ夢のつまった注文住宅

これだけあれこれ詰め込んでも

金額は激安です(^^;

もうあり得ません。。

 

 

 

 

玄関ドアもめちゃくちゃいい感じです

 

最近のシート張りはクオリティ高いです

当社の玄関ドアに使いたいレベルです

この雰囲気のドアはありません(^^;

 

そして玄関庇もオシャレです

このシャープな薄さは中々です

 

ハウスメーカーの既製品は野暮ったいです

何から何までうらやましい。。

 

この実例の綺麗な写真については

こちらからご覧下さいm(__)m

空へ山へ | SQOOL一級建築士事務所
建築の設計監理業務(特に住宅)エクステリアのデザイン、プロダクトのデザインはSQOOLの鈴木俊彦におまかせください。

 

 

 

対談した内容

事務所で数時間お話をしたあと

飲みながらも対談しました

 

 

うまい唐揚げにお酒に

建築のアツーい会話に

もう幸せすぎる時間でした

 

同じ方向性と価値観なので

どんどんと話が盛り上がりました

 

聞いた内容の大枠について

説明していきます

 

 

 

プレゼン方法について

鈴木さんのプレゼン方法には驚愕です

お客様は幸せすぎます

 

熱量のあふれたプレゼン方法です

 

 

ドドーン!!!

 

まさかの初回から模型!!

初回だからこその模型か

 

そしてこれは鈴木さん手作りです

これだけで値打ちがあります

 

我々が終盤に作成している模型は

外注しています

 

金額にして3万円~5万円程かかっています

それを鈴木さんが自らの手で

 

これはお客様も嬉しいはずです

 

 

 

まずは断面図でイメージをしてもらい

 

 

 

模型でイメージをしてもらいます

敷地の高低差までつくりこまれてます

芸が細かいです

 

 

 

そして中身がパかっ

 

家具や人まで再現されてます

テーブルの素材感まで。。。

 

 

 

模型を写真撮影して見ると

実際に建ったかのような目線になります

 

この写真は店舗のリノベーションです

 

 

 

テーブルの形も可愛いです

 

そしてよく見てみると👀

フローリングがはってある!!

フローリングのサンプルを取り寄せて

実際にはったそうです(^^;

 

もう脱帽すぎます。。。

私がお客様ならいちころです(笑)

 

 

 

設計コンペに出すために

色々なプロジェクトや模型もされてました

 

ここまで熱量のこもった作業はできません

これだけのプレゼンテーションなので

初回提案までは3週間から1ヵ月程必要です

 

ハウスメーカーの紙のプレゼンと違います

 

 

 

鈴木さんの業務内容

従業員は鈴木さん一人です

鈴木さんが受け持つ業務として

  • 営業
  • 設計
  • コーディネーター
  • 現場管理
  • 土地探し
  • 見積もり精査
  • 施工業者との価格調整

等々様々な業務をしています

 

一般の会社であれば

各パートに分かれています

 

その人件費がかかっていない分

コストにも反映されています

 

ですが想像しただけでも大変です

好きじゃないとできないです

 

その分お客様とも密になります

お客様からも信頼されます

 

一人で受け持つ量に限りがあるので

キャパ以上の受注は受けれません

 

鈴木さんと建てたい人に対して

鈴木さんはこたえてくれます

 

他社比較される方はいません

比較が前提の場合は

その時点で受けることができません

 

鈴木さんの時間は貴重だと感じました

ですが鈴木さんは没頭する人なので

8㎡の離れを建てる計画に

何度も何度もプランを考えていって

1年もかけられたそうです(^^;

 

8㎡にそこまで!?

 

完成した空間を是非見てみたいです

おそらくすごい空気感な予感です

五角形の離れだそうです

 

好きじゃないとここまで没頭できません

利益度返ししないと無理な作業です

ハウスメーカーではあり得ません

 

鈴木さんがコツコツと培ってこられた信頼が

段々と実になっていっています

コアなファンが着実に増えています

 

 

 

建築コストについて

皆さんが一番気になるところでは??

私も気になるところです

 

なんてったってハウスメーカーは高い

坪単価100万円時代突入!?大手ハウスメーカーの坪単価について
今回の記事内容は 皆様がよく言われる坪単価です!! 我々業界人からすると 表現がややこしいので嫌です 何をもっての坪単価なのか。。 矩形が複雑だと高くなるし。。 お客様の仕様によって金額変...

 

「でも設計事務所も高いのでは?」

私もそんなイメージがあります

 

実際のところ価格帯は色々です

でもさきほどの実例のような

  • ふんだんにタイルをはったり
  • 木をはったり
  • 無垢材が当たり前に使ってあったり
  • 大きな窓がついてたり
  • 造作家具だらけだったり

ハウスメーカーならお金がかかることばかり

流石にこれで安いはずは。。。

 

恐る恐る聞いてみると

 

建物費用!

外構込み!!

諸費用込み!!!

消費税込み!!!!

設計料込み!!!!!

全部込々で!!!!!

 

なんと!!!!

 

 

坪75万円~90万円でできるとのこと

 

あの質感の家が!!!

ありえまてん。。。。

 

普通の坪単価というのは

  • 外構は含みません
  • 諸費用は含んでません
  • 消費税も勿論別
  • 造作家具は勿論別途

なんならコンセントとかも含めないことも

 

それが込々であのクオリティで

やばすぎます

 

30坪~33坪くらいの建物であれば

土地抜きで2500万円~3000万円あれば

めちゃくちゃいい家が建てれちゃいます

 

しかも外構や諸々込み。。。

あのクオリティなら安すぎます

 

普通のいけてない工務店でも

それくらいの金額はしそうです

 

ハウスメーカーであれば

そもそも建物のベースが3000万円。。

そこに消費税や諸費用や外構費用。。。

3600万円~4000万円はかかってきます

 

しかも内装にお金かけづらいです。。

ざっくり1000万円位の差が。。。

 

そして鈴木さんが熱量のこもったプレゼンを

めっちゃお得に感じます

 

 

 

活動エリア

鈴木さんの事務所は三宮です

活動エリアを聞いてみると

大枠は関西エリアです

 

姫路でも可能とのことです

ただし打ち合わせペースや

打ち合わせ場所については

お互いの協力と理解が必要です

 

 

 

施工工期について

ハウスメーカーであれば大体の会社が

着工してから約3ヵ月です

ハイムさんなら2ヵ月程です

 

鈴木さんが依頼している工務店工期は

約6カ月とのことでした

 

つまり家づくりを開始して

打ち合わせをしたりしていると

約1年かけての作業になりそうです

 

その分お客様との関係性も

密になっていかれるそうです

 

 

 

建物仕様について

先ほどの金額を聞いて

どのような仕様か気になります

 

外壁  :吹付orガルバが多い

耐震等級:2が標準仕様

保証  :10年

 

その他床材や設備等は

どこでも使えます

 

施工業者さんに関しては

信頼のおける工務店が数社

その時々によって使い分けを

 

アフターの定期点検等も

工務店さんがしてくれるとのことでした

定期点検もしっかりあるんですね

 

 

 

引き合いについて

鈴木さんがどのように

お客様と出会っているのか?

我々営業が一番苦労する部分です

 

今までは設計をされていたので

営業は大変なはずです

 

どんなパターンか聞いてみると

  • オーナー様からの紹介
  • houzzの施工写真からの問い合わせ
  • HPからの問い合わせ

このパターンが多いようです

 

特に驚きなのが

オーナー様からの紹介です

 

鈴木さんに直です

鈴木さんと建てた家

そこに価値がうまれているのでしょう

 

「いい人がいるから紹介するよ」

そう言いたくなる気持ちは分かります

 

リピートの方も多いようです

鈴木ブランドの確立です

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

設計事務所との家づくり

鈴木さんとの家づくり

お得感満載です

 

濃度の濃すぎる家づくりです

話を聞けば聞くほど

すごすぎるお話でした

 

この光り輝く鈴木さんが

いずれ世にでてくると思います

世に広めたいです

 

受けれるキャパはありますが

いい家や幸せな人が増えて欲しいです

 

そしてあまりにテンションがあがって

また今度の機会に

鈴木さんが建てられたオーナー様の家に

飲みに行かせてもらう予定です(笑)

 

施主様と鈴木さんの関係性を

どうしてものぞき見したくなりました

 

家を体感したいのもありますが

その関係性を見てみたいです

 

ハウスメーカーと事務所の枠をこえた

こういった交流は貴重です

 

「いい家がつくりたい」

「人が好き」

 

構造や仕様は違えど

目指しているものは同じです

向いている方向は同じです

 

色々な気付きを得れたので

広い視野で建築に向き合いたいです

 

 

SQOOL一級建築士事務所
建築の設計監理業務(特に住宅)エクステリアのデザイン、プロダクトのデザインはSQOOLの鈴木俊彦におまかせください。

 

本気でアツい家づくりがしたい方は

是非ともおススメです!!!

 

鈴木さんの実例取材はコチラ

建築を愛する男(鈴木氏)設計事務所(SQOOL)の実例を取材
今回は設計事務所の実例紹介です!! 以前に取材させて頂いた SQOOL設計事務所の鈴木さんです コチラの記事がまだの方は 先にコチラの記事を見て下さい👀 鈴木さんとお話し...

 

 

その他激アツ設計事務所の記事です

西宮のオシャレ設計事務所(リンクアップ)を取材
いってまいりました!! 私が尊敬している大先輩!! 元大手ハウスメーカーのトップ営業で 設計事務所を起業されたスーパーマン!! 太陽よりもアツい男!!! ファンタジスタ髙橋さんと対談です!! ...

 

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

 

将来的に新築をお考えの方で
実例見学やWEB見学をご希望の方は
下記リンクよりご予約下さいm(__)m

WEBおうちで教室|積水ハウス 姫路・西播エリアの住まいづくり
ご案内可能物件|姫路・西播エリアの住まいづくり|姫路・西播エリアを中心に、地域密着でお客様をサポート。お住まいに関する疑問やご相談、お気軽にお電話ください。

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

お問い合わせはコチラ

    コメント