間取りを考える上で玄関扉の位置をどの向きと場所にとるかについて

スポンサーリンク
家づくりの勉強

今回は地味な部分かもですが

玄関扉の位置や向きについてです

 

間取りを考えるうえで重視されてるような

あまりされていないような。。。

そんな部分ではないでしょうか?

 

私の好みや考え方もかなり入っています

これに関しても正解はないので

共感できる部分のみ参考にして下さい

 

 

 

 

   目次

  • 玄関ドアの考え方
  • 玄関ドアの位置について
  • 実例紹介
  • まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

玄関ドアの考え方

間取りを考えるうえで

皆様は玄関扉がどこにあるイメージですか?

 

なんとなくですが

  • 道路側から見える場所
  • 門柱の向こう側に玄関扉
  • 鬼門を外した位置に
  • 庇の下にある

ぐらいのイメージが多いのでは??

 

別にこれが悪いとか間違いではないです

おそらく大半の方の考えです

 

では我々建築に携わる人間が

(というか私の考え(^^;)

玄関を考える時に意識すべき点は

  • できるだけアプローチは長く
  • 玄関扉の存在は消したい
  • ファサード面から見えないように
  • 門柱が必ずしも必要か
  • 玄関ドアと認識しにくいように
  • 鬼門にこだわるかはお客様に聞く

等々の意識をしながら考えます

 

少しお客様の認識とは違うと思います

お客様に玄関位置へのこだわりがなければ

大半は任せて頂くようにしております

 

たまに家相や鬼門にこだわる方もおられます

その場合はそこが外せない要因になるので

必ず聞き取りが必要です

 

もしもご自身でこだわる方であれば

最初から担当者に伝えるべき事項です

 

そもそも鬼門って何?という方へ

 

あまり深くはふれませんが

敷地の北東が表鬼門と呼ばれ

南西ラインが裏鬼門と呼ばれてます

 

このラインに玄関や水まわりがきたら✖

みたいな昔からの言い伝えがあります

 

昔の住居においてこの方角が凶でした

気の流れが悪い位置でした

 

ですが今の住宅はつくりが全く違います

なので個人的にはそこまで。。。

 

とは思いますが価値観は人それぞれです

古い村とかであれば

まわり近所から鬼門がどうとか言われます

あまり良い気分はしないですね

 

なのでその場合は玄関だけは外す

くらいな感じでもいいのかもしれません

 

全く気にしない!!という方はそれで◎です

 

 

 

玄関ドアの位置について

では私が意識している部分が

実際の実例にどのように活かされてるか

写真をもとに解説していきます

 

玄関の見せ方ひとつで印象は変わります

 

 

 

死角部分にまわす

モダンやシンプルな外観をつくる場合

玄関ドアの存在は正直邪魔です

 

風合いのいい玄関扉なら別ですが

メーカーの既製品はそこまでです

 

プリントの技術も高まっていますが

本物の質感にはかないません

 

 

 

 

見せたくないものは

見えない場所に持っていく

 

シンプルな発想ですが

よくやるやり方です

 

そうすることによって

綺麗な面が確保できます

モダン・オシャレ・シンプルな外観をつくる際に意識するポイント
今回はオシャレな外観をつくるポイントです 完全に私の主観満載になってしまいます(^^; 人によって格好いいと思える家は違います 好みにもよると思います 個人的に外観をつくるにおいて 重要視してい...

 

これに関してはコストもかからず

敷地の使い方ひとつで可能です

 

皆様もどのような外観をつくりたいか

それを考慮して考えて下さいm(__)m

 

 

 

装飾で分かりにくく

とは言え敷地的にどうしようもない時も

 

コストもかけたくない。。。

その場合はシンプルに考えて

できるだけ扉を目立たなくしましょう

 

 

こまかい技ですが

玄関をこげ茶にしています

そしてそのまわりの外壁の色も合わせてます

 

こうすることによって

「玄関ドア」って感じが薄れてます

 

へこんだこげ茶の部分に見えます👀

(見えない人もいるかも(笑))

 

更には軒を深くとっているので

へこみは50センチしかとってません

軒の出がもたらす住まいのゆたかさについて
今回は私が注目している 軒の出について語ります!! 建築する立場としては 重要視している軒の出ですが 家づくりを始めた方からすると 軒の出?くらいの感じが大体です(^^; でも軒の...

 

これによって玄関庇無しでいってます

玄関ドアにチョコンとつく庇は

見た感じあまりよろしくありません

 

 

庇の横に雨樋もくるのが多いです

 

これがファサード面に見えていると

せっかくの家の表情が台無しです

 

死角部分ならこれでもいいと思います

 

 

 

その他にお金はかかりますが

格子を連続させることによって

玄関扉の存在を消しています

 

贅沢ですがこんな手法もあります

 

 

 

くぼませて見せない

これもよくやる手法です

そしてそこまでコストはかかりません

 

軒下空間も広くなるので

豊かさも向上します

 

 

 

正面から見た感じは

玄関扉の存在を感じません

 

何度かクランクしながらアプローチして

玄関に到達する感じです

 

 

 

斜めの角度から見るとチラッと扉が

 

ですが色を合わせているので

そこまで目立たないかと思います

 

玄関扉の存在はできるだけ消しています

 

 

 

壁で隠す

少し力技ではありますが

壁で隠してしまう方法もよくやります

 

お金がかなりかかる方ですが

外観もその分かっこよくなります

 

 

 

四角い立方体が迫力あります

中庭部分の目隠しにもなっています

 

この立方体がなかった場合

かなり貧弱なイメージになります

 

 

 

壁の向こう側にあるポーチに向けて

植栽を見ながら向かっていく

 

ゴール(玄関)が見えてない方が

ワクワクしやしませんか??

 

ゴール(玄関)が見えてると

距離感も分かってしまいます

 

玄関ドアが見えていないと

どこにゴールがあるか分かりません

その道中に色々な仕掛けがあるのです

 

夜であれば照明も重要です

玄関扉を見せない効果は大きいです

 

 

 

パッと見は玄関が分かりません👀

どこに玄関あるんだろう

まずはそう思ってもらうことが重要です

 

 

 

何となくアプローチがあるので

その方向に誘われていく感じです

 

 

 

 

ここまでいくと玄関どこ👀って感じです

 

何となくポーチが飛び出してるから

左手の方から玄関入るのかな?

 

それくらいの感じです

そのワクワクから誘われていくと。。

 

 

 

 

違う世界が広がります

 

玄関(ゴール)に到達させるまでに

それぞれのドラマを設置します

 

ここでワクワクさせて

ここでドッカンさせる

(稚拙な表現ですみません(笑))

 

みたいな感じです

壁で隠す方法もご利用下さいm(__)m

 

 

 

玄関と窓を兼ねる

こんな発想は中々ないと思いますが

そもそも玄関扉が嫌ならば

玄関扉無くしてしまったら?

 

そういった発想から生まれたのが

玄関扉と窓を兼ねるという手法です

 

 

 

これだけ見たら玄関に見えません(^^;

そしてこの家は24坪の建物です

 

そこまでコンパクトになってくると

玄関スペースとか考えてる場合ちゃいます

兼ねれるものは兼ねたくなります

 

コンパクトな家の設計をしていると

玄関が邪魔になってきます(笑)

 

 

 

建物のヒキと間が重要

玄関に向かうまでの演出が重要です

 

コンパクトな敷地の場合は

中々その演出がしにくいです

 

ですがそんな敷地やコンパクトな家こそ

無駄や間を沢山とりたくなります

 

それを感じさせてくれる実例がありました

 

 

 

何と豊かで贅沢な前庭でしょう

 

山どりの樹木の美しいこと!!

おそらく樹形から一本一本選んでるはずです

発注してとりあえず来た子ではないはず

 

木々の間をくぐってのアプローチ

そこで何かのスイッチが入るはず

 

「あぁ、我が家に帰ってきた」

「今から外に出るんだ」

「新緑の季節がやってきたな」

 

その時々で色々な感覚を与えてくれます

その位玄関の向きや位置は重要です

 

 

 

実例紹介

今まで見てきた写真の実例です

ご自身のパターンにあてはまりそうなら

実例を見て参考にして下さい

 

 

装飾でごまかす

実例紹介5 多機能な土間スペースのある 軒長の白ハコ住宅
実例紹介シリーズ🏠 第四弾が終わりました 今回は第五弾です!! 今回の住宅は 多機能な土間スペースのある 軒長の白ハコ住宅です 昔の家には ふんだんに使われていた ...

 

 

くぼませる

実例紹介編11 軒の深いウッドデッキ空間のある極上の平屋
実例紹介編11邸目です🏠 今回は私の憧れでもある 平屋の素敵なお住まいです✨ 年とったら平屋がいいなぁ なんて思ってませんか? 今は20代~30代の方でも 沢山の方が平屋を建てられ...

 

 

壁で隠す

実例紹介編12 ドマニワのある開放的なコートハウス
実例紹介編12です!!! シリーズ1から 熟読頂いている方は 私が言いそうなことも 分かってきたのではないでしょうか 今回も同じ流れでいきます🏠 今回のお住まいは ドマニワの...

 

実例紹介編17 長さを広さに感じさせるシースルー階段のある住まい
コロナ自粛も解除になり ようやく写真撮影した分の 写真データをゲットできました ということで久々の実例紹介です!! 今回は人気校区での計画でしたので コストを抑える為にあえて細長い土地を ...

 

 

 

玄関と窓を兼ねる(究極)

 

実例紹介1 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウス
実例紹介シリーズ 記念すべき第一弾です🏠 (本日の実例テーマは) 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウスです🏠 小さな家で 豊かに暮らす 大手ハウスメーカーでも 2000万円台で...

 

 

間取りを考えていくうえで廊下と玄関をどう考えるかについて
今回は間取りを考えていて思うコト 「玄関とか廊下という概念について」 この部分に対する考え方が 入社した15年前と激変しました 家を建てた10年前と変化しました 10年前の私は玄関という概念があ...

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

たかが玄関ドアですが

されど玄関ドアです

 

一度つくると変えれません

この見せ方一つで劇的に変わります

 

自分達に敷地において

どう玄関をとるのがベストなのか

 

今一度考えてみて下さい

毎日の暮らしが豊かになります

 

 

将来的に新築をお考えの方で
実例見学やWEB見学をご希望の方は
下記リンクよりご予約下さいm(__)m

WEBおうちで教室|積水ハウス 姫路・西播エリアの住まいづくり
ご案内可能物件|姫路・西播エリアの住まいづくり|姫路・西播エリアを中心に、地域密着でお客様をサポート。お住まいに関する疑問やご相談、お気軽にお電話ください。

 

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

プランの添削やアドバイス希望の方も
気軽にコメント下さいm(__)m

 

 

お問い合わせはコチラ

    コメント