契約前に外構計画を煮詰めていないと起こりうるリスク9選

スポンサーリンク
外構について

今回の記事内容は

意外な落とし穴の部分です

家を建てた先輩なら分かるやつです

 

外構計画のおざなりっぷりによる

契約後のトラブルです

 

完全なトラブルまでいかなくても

悩んだ方は多いでしょう

 

どういった内容が起こりうるのか

この記事を見て

想定できるようにしておきましょう!

 

 

 

 

      目次

  • 家づくりするにあたって
  • ありがちな進め方
  • 外構に関するトラブル
  • まとめ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

家づくりと言えば

家の間取りや内装設備を想像します

真っ先に外構は連想されません

 

それくらい注視されてないのですが

実は一番厄介者です

というか一番重要事項です!!

 

ですがいつもないがしろにされがちなので

トラブルになるケースもまた多いのです

 

今回の記事内では

Twitter上で集めた意見も貼っています

 

家づくりをされた先輩方の

外構に対する経験は大変貴重です

 

諸先輩方の失敗をいかして

皆様は同じ轍を踏まないように!!

油断してると失敗しますよ!!

 

 

 

 

 

ありがちな進め方

住宅業界ではよくある進め方です

外構内容の扱いが低いです。。

 

家の佇まいは外構で決まる!!

そう言っても過言ではありません

 

なのに。。。

よくある進め方がコチラです

 

 

 

 

建物優先で概算契約

これがもっとも多いでしょう!!

 

住宅営業マンは

住宅の営業です

家の契約とってなんぼです

 

外構の契約をとっても

そこまで喜ぶ人はいないでしょう

 

そんな背景があるので

まずは建物の契約に邁進します

外構計画はどこへやらです

 

結果的に外構計画は概算のまま。。

これがい一番多い進め方ですが

一番リスキーな進め方です。。

 

 

 

 

予算から逆算した外構金額設定

外構に主眼を置くのではなくて

総額に主眼を置いてしまいます

 

総額5000万円で

土地が1500万円で

諸費用が100万円で

建物が3300万円だから

外構は100万円!

 

 

みたいな決め方です。。

なんでやねんっ!!!

って突っ込みたくなりますね(笑)

 

トータル提案とは言えない方法

家を売るだけのやりかた。。。

 

 

 

 

トータルで予算を考えておかないと

後々にしわ寄せがきます

後で苦しむことになります

 

営業マンは建物契約が区切りです

後で自分たちが苦しまないように

トータルバランスを考えましょう

 

 

 

 

 

イメージパースのみ提出

これもたまにあります。。。

契約前の提案パースには

  • 植栽モリモリ
  • カーポートがついている
  • 目隠しの塀がある
  • 芝生が植えてある

めっちゃいい感じです!!

 

ですがこれはイメージパース。。。

フタを開けてみると

つんつるてんの外構しかできない。。

 

あのパースは幻!?

みたいなこともあり得ます

 

どこまで入っていて

どこから入っていないのか

しっかり確認しておきましょう

(これは自分自身にも言い聞かせてます。。)

 

 

 

 

 

外構に関するトラブル9選

ここからが起こりがちなトラブルです

頻度的にはけっこうあります

 

 

 

 

 

1、建物の増加による外構予算の不足

建物の契約をしてしまうと

お客様の背中に羽がはえがちです

 

契約前までは

あれほどお金にシビアだったのに

契約後はポンポンと追加に。。。

ハラハラするレベルです(^^;

 

でも気持ちは分かります。。。

自宅を建てる際も

契約後に200万円追加になりました(^^;

(住宅営業マンなのに(笑))

 

この状況に陥ると

外構予算が圧迫されます

 

 

 

 

 

外構打ち合わせも終盤になりがちです

 

後回し後回しにしていると

本当に後で大変です。。。

理想は契約前に煮詰めておくことです

 

注文住宅の契約後に増額になりやすい項目ベスト10について
最近お問合せ内容にて 見積もり内容が適正かについて 質問されることがありました お客様の気持ちになれば 当然不安になる事項だと思います 全ての選択肢を知らない中で ・担当者が勧める仕様で本...

 

 

 

 

 

2、施主外構にしたくなった時のトラブル

とりあえず外構300万円で契約

 

知り合いの外構業者に話を聞くと

250万円でできるよ!!

 

こうなった時に

HMと既に契約してしまっています。。

 

契約手付金も生じているので

簡単にキャンセルすることはできません

こういったトラブルも少なくありません

 

施主外構にする可能性がある場合は

どのタイミングで契約するのか

しっかりと考えておきましょう

 

ちなみに安易な施主外構の依頼も

トラブルの元ですが。。。

 

新築外構工事はどこに頼むのがいいのか?重要ポイントを解説
今回は意外と皆様が悩まれている 「外構工事をどこに依頼するべきか?」 この内容の真相に迫ります!! 建築メーカーの外構は高いのか? 自分で探したらもっと安くできる? 出来栄え考えたらメーカーに任...

 

 

 

 

 

3、思い込みによるトラブル

外構計画は打ち合わせ不足になりがちです

 

自分たちは〇〇がつくと思っていた

営業側は〇〇は含まれていないと主張

こんなトラブルになりがちです

 

きちんと打ち合わせができていれば

こんなことになることはありませんが。。

ないがしろにされがちなので

こういった事態を招いてしまいます

 

ここまでくると

言った言わないの話にしかなりません

 

お互い不快な気持ちになって

家づくりが楽しくなくなってしまいます

 

 

 

 

 

4、敷地の高低差処理によるトラブル

ここも意外な盲点です

あなたの敷地に高低差はないですか!?

 

土を入れるのも捨てるのも

想像以上に費用がかかります

 

土が雨で流れていかないように

外構でとめるのにも費用がかかります

ここを甘くみがちです

 

 

 

 

一番安いのは芝生で傾斜をつけるやつです

 

お手入れは大変かもですが

擁壁やブロックをつむよりは安いです

見た目も優しい印象になりますね

 

 

 

 

 

 

実際にこういったトラブルは

本当によくあります

  • 解体してみたら土が減った
  • 解体してみたら土が多かった
  • 測量をしていなかったので分からなかった

こんな時は特に要注意です!!

 

 

 

 

 

5、敷地境界によるトラブル

新規の分譲地とかではありませんが

昔からある土地を購入した場合

契約後に隣家と境界でもめる。。。

 

あってほしくないですが

たまにあるお話です

 

このトラブルは厄介です

これから住まうご近所様ですし

あまりもめたくありません

 

とはいえ言うことは言わないと。。

 

できるだけ契約前に確認しておきましょう

 

 

 

 

 

 

6、引き渡しに間に合わない

せっかくだったら建物と同時に!

皆さんそう思われるはずです

 

外構が完成していない時点で

建物まわりが土の時点で

引き渡しを受けても微妙です。。

 

 

 

余裕をもって段取りしていないと

引き渡しに間に合わないこともあります

 

外構業者さんの繁忙期にあたったり

HMからの依頼が遅れてしまったり。。

 

そうならない為にも

やはり早め早めに打ち合わせしましょう

 

 

 

 

 

7、業者を探す労力が大変

HMの外構費用が高い。。。

 

そうなった場合に起こすアクションとして

自分達で業者さんを探すことです

 

元々信頼できる知り合いがいたらいいですが

そのつてが無い場合は大変です

 

自分たちで探したうえに

図面を渡して要望を伝えて

イメージと違うからまた修正

かなりの時間を要します

 

 

 

 

そして数十万円安くなったから契約

 

しかし仕上がりに不満。。。

みたいなこともしばしばです

 

 

 

 

 

最終的にはリスクも考えて

値段とのバランスで考えるべきです

 

思っている以上に

施主外構のトラブルは多いです

 

外構専門業者さんは

外構のプロですが

その間取りのコンセプトは知りません

 

なぜそこに窓があるのか

どういう意図でこの間取りになったのか

そこまで携わっていません。。

 

 

 

 

8、板挟みトラブル

施主外構にした場合に特に多いです

責任のなすりつけあいですね(^^;

 

HMがやるべき内容でしょ!?

いやいや外構の内容でしょ!?

これに挟まれると大変です(^^;

 

 

 

 

 

 

 

実際にあるあるなお話です

 

こうなるとWIN・WINどころか

みんな後味悪くなります。。。

 

気を付けるのにも限界ありますが

気を付けましょう。。。

 

 

 

 

9、その他のトラブル

その他に

Twitter上で集められたトラブルです

 

水の勾配トラブルもありえる内容です

 

プロが考えるべき内容ですが

土地の特性を考える必要があります

 

エアコンや給湯器の位置も大事ですね

 

将来カーポートを建てる想定の際は

将来建てれるように仕上げておきましょう

 

 

 

 

 

 

公園の野芝には驚きました(笑)

根がつかずに枯れたそうです。。(^^;

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

こうやって見てみると

家づくり以上に

外構の闇が多いように感じました

 

油断してしまっていると

トラブルがやってきそうです

 

皆様は事前に対処できるように

早め早めに煮詰めておきましょう!!

 

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    壁紙にあきた方にお勧め
    (ウォールステッカー)

    ソファーを置かずに
    ビーズクッションを置く暮らし

    無印の後付け可能な
    収納の箱

    コメント